So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

湯布院旅行2017~その8 岡城跡その2 [旅行・ドライブ(大分県)]

本丸目指してずんずん歩きます。
入城券を買う所に杖が置いてあったんですが、成程いるわ。結構疲れます(^_^;)

西中仕切から見た石垣

あ、よく見るヤツだ。ただ(去年の地震の影響かな)工事中で、足場があったのが残念でした(足場が写らないようにするのが大変でした)。





二の丸跡

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湯布院旅行2017~その7 岡城跡その1 [旅行・ドライブ(大分県)]

到着!(目的地)岡城跡です。

萩旅行の時に続いてお城巡りです。相方さんの視線が痛いです(^_^;)

岡城とは「文治元年(1185年)に緒方惟義が源頼朝に追われた源義経を迎えるために築城したことが始まりであるという。その山城は、南北朝時代の建武元年(1334年)に後醍醐天皇の支持を受けた大友氏一族[1]の志賀貞朝によって拡張され、岡城と名付けられたとされている。一方、『豊後国志』によると、志賀氏が直入郡に入ったのは応安2年(1369年)以降のことで、同郡内でも岡城に入る前には木牟礼城(騎牟礼城)を居城としていたという。天正14年(1586年)、先に耳川の戦いで敗れ衰退した大友氏を下すべく、薩摩の島津氏が豊後府内に迫る快進撃を見せていた中、岡城のみは志賀親次の指揮のもと再三にわたり島津軍を撃退し、親次はその功績から豊臣秀吉より天正15年正月3日付けの褒状を受けている。豊臣秀吉の時代の文禄2年(1593年)文禄の役で大友吉統が秀吉から鳳山撤退を責められ所領を没収されると、大友氏重臣の親次も岡城を去ることとなった。翌、文禄3年(1594年)播磨国三木から中川秀成が移封され、入城後に3年がかりで大規模な修築を施した。この修築では、縄張設計に石田鶴右衛門、三宅六郎兵衛、石垣普請に山岸金右衛門などが携わり、志賀氏時代の城域の西側天神山に本丸・二の丸・三の丸御殿・櫓を造営し、城の西側を拡張、重臣屋敷群を設けた。本丸に御三階櫓を設け、城門は志賀氏時代の大手口であった下原門に加えて近戸門を開き大手門を東向きの下原門から現在見られる西向きの位置に改め、3口とした。また、城下町は志賀氏時代の挟田に加えて西方に竹田町が整備された。2代久盛の代には清水門が整備され、3代久清の時に西側の重臣団屋敷を接収して西の丸を築き御殿を造営している。岩盤の台地の上に築かれたため、台風や地震、火事などの被害を多く受け、特に8代中川久貞の明和8年(1771年)には本丸、西ノ丸、御廟など城の大半を焼く大火が起きている。明治維新後、廃城令によって廃城とされ、明治4年(1871年)から翌年にかけて城内の建造物は全て破却され、現在残っているのは高く積み上げられた石垣のみである(wikiより)」



岡城は滝廉太郎「荒城の月」のモデルの城跡。登坂の所にあるお土産屋さんで、荒城の月のメロディが流れてたんですが、知らない?観光客が「何でこの曲?」って言ってたのを聞いた店の人が椎茸茶(これが美味しかった)を配りながら説明してた…それを横で成程成程と聞いていた^_^



大手門への登り坂で一枚です

紅葉が綺麗です^^

大手門

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湯布院旅行2017~その6 長湯ダム [旅行・ドライブ(大分県)]

次の目的地は金鱗湖…ではなく、お土産屋(^_^;)
お土産屋や道の駅を転々とし、お土産を購入しつつ最終目的地へ。

その途中でなにやらねじの琴線に触れるものが…

長湯ダム

相方さんの呆れ顔が…(^_^;)
颯爽と車を降りて見に行きます。当然、相方さんは車で待機


案内板の横には河童?え?何で?何で??
疑問に思いながらも回りを少し歩いて見ます。向こうに見えるのは休憩所?でも時間がないので、そこまでは行けないけど…。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湯布院旅行2017~その5 山荘 四季庵(朝食&露天風呂) [食べ物・食事]

おはようございます。

朝食は8時からなので、ゆっくりダラダラゴロゴロしながら過ごします。
部屋を出ると…寒いです(^_^;)

いや、マジで寒いです。11月の湯布院、舐めてました><



朝の表情も良いですね。癒されます^^



朝食は和食バイキング

腹八部で抑えとこうと思ってたんですが、美味しそうだったんで2周しちゃいました。どれも美味しそうなんですよね。あれもこれもってつい取ってしまう…で、食べれず後悔するというパターン。あ、そうそうしっかり唐揚げはいただきましたよ(^_^;)

朝食も済ませたので、さぁ露天風呂です!

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湯布院旅行2017~その4 山荘 四季庵(夕食) [食べ物・食事]

さぁ夕食です。

相方さんに申し訳ないけど、取り敢えずビール


今回の宿泊プランは「大自然とグルメを満喫!豊後牛のジュ~っ炭火焼♪」(前回と同じプランかな?)


また肉かい!(^_^;)


早速焼きます

この肉を焼くときの音と匂いがまた食欲を誘うんですよね

んまぁぁぁぁぁぁい!o(^-^)o

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

湯布院旅行2017~その3 山荘 四季庵 [旅行・ドライブ(大分県)]

本日のお宿は「山荘 四季庵


ここに来るのは2度目ですね。
基本、ねじは旅行に行く時は前回と同じ宿には泊まらないんですが、今回は同じ宿にしました。前回宿泊した時、良かったんで今回もここをチョイスです^^

合掌造りの母屋。相変わらず圧倒されます。

ヤギさんは…今日は散歩してませんね。寒いので小屋で寝てるのかな。ちょっと残念

チェックインを済ませて部屋へ。

今回は「112号室」前回の泊まった部屋の隣でした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

焼きだんご@一目八景 [食べ物・食事]

一目八景の展望所の近くの駐車場にある売店で、何やら団子を焼いてます。

お、美味そう^^

相方さんも興味津々。団子モノ好きの相方さんは「食べてみよう」と。見た目、結構大きかったので2人で1本にしようかと言ったら、1本つづ買おうと。団子好きの血が騒ぎましたね(^_^;)

2本購入です。雰囲気というか…これはみたらし団子ですね

丸もちサイズなので、手に持ってみると、やっぱりデカイ。外側を炭火で焼いてあって醤油ダレをかけてくれます。タレは程よい甘さで美味しかったんですが、ねじとしてはもう少しパリッと焼いたほうが好みかな。でも美味しかったのでヨシ。ねじ的には丁度良かったんですが、相方さんには3個はちょっとキツそうでした。

1本300円也。ごちでした。

DATA
鹿鳴館駐車場売店
所在地:大分県中津市耶馬溪町深耶馬溪3152-4
TEL:0979-55-2025
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の7件 | -