So-net無料ブログ作成
検索選択

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」観た(ネタバレあり) [TV、映画]

師匠と初日に観てきました!

R1_9.jpg
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

あらすじは「帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが・・・(シネマトゥデイより)」

この重要ミッションを実行するメンツはこの方々
R1_1.jpg

SWはやっぱりEpⅣが原点で、シリーズ全体の中心というのを再認識してくれる作品でした。観終わった後、誰かに話したくなる、もう一度Ⅳを観たくなること請け合い。ねじも観終わった後、焼き鳥屋で師匠と語りましたよ(笑)。このローグワンはスピンオフというより、完全にⅣの前日譚(Ep3.9?)。ナンバリング作品として発表しても良かったぐらい(出来ませんけどね)の出来の良さ。EpⅦがあまり好きになれなかったので、ローグワンも大丈夫かと思っていたけど(撮り直しがあったとか聞いてたし)、杞憂でしたね。ファンにとってはたまらん作品になっています

開幕、例のルーカスフィルムのロゴのあと、SWの文字がバーンってくるかと思いきや、ローグワンと出て、長いテロップもなし。ちょっと違和感ありながら(笑)始まります(最後までSWの文字は出てこなかったように思う)。

科学者ゲイレン・アーソは、妻のライラ、娘のジンと惑星ラ・ムーで静かに(隠れて)暮らしていところに、帝国軍のオーソン・クレニック長官がゲイレンを連れ戻しにくるシーンからスタート。目的は開発が遅れているデス・スター計画を進めるため。当然ゲイレンは拒否するけど、ライラが殺されてしまい、ゲイレンは拉致されてしまう。ジンはシェルターに隠れていたところをソウ・ゲレラに救出されるんです。

数年後、ジンは惑星ウォバニの強制労働収容所に収容されていて、反乱軍救出、ヤヴィン4へと連行。
R1_6.jpg

反乱軍の情報将校キャシアン・アンドーが掴んだ帝国軍の「デス・スター計画」の存在を元老院に報告したいんですが、その情報の鍵を握るのが、ソウ・ゲレラ。しかしモン・モスマとの関係が良くない(彼女はCG?同じ人?)。要はジンにソウ・ゲレラの間を取り持ち情報を引き出す・・・ためなんですね。まぁ、そこにはゲイレン・アーソを探し出す(それ以外も)ことも含まれてますが・・・。


R1_7.jpg
惑星ジェダは帝国軍に占領されており、密かにソウと接触しようとしたが、ストーム・トルーパーと交戦状態に。
そこに現れたのが、チアルート・イムウェベイズ・マルバス。惑星ジェダで「フォース」を信奉する集団ウィルズの人。
R1_8.jpg
彼は盲目なのですが、強い。そこらへんのジェダイより強いんじゃないかと思うぐらい(^_^;)

ジンはソウ・ゲレラと再開。別室でホログラムを見たジンはゲイレンがリアクターモジュールに弱点となるワナを仕掛けていて、そこを付けばデス・スターの破壊が可能だということ、設計図は帝国軍の中枢惑星スカリフのシタデルタワー内にあること・・・が判明。でも、そのデータは帝国軍がデス・スターの試射でジェダを攻撃したことで逃げるので精一杯で、持ってくるのを・・・。

ジン達一行は、ゲイレン・アーソと会う為、惑星イードゥへの潜入。研究所に近づいたが、反乱軍は施設を空爆、ゲイレンは死に作戦は失敗に終わる。反乱軍も一枚岩じゃないってことですね。ヤヴィン4に戻ったジンは、降伏を検討している反乱軍に怒って、独断で惑星スカリフに潜入しデススターの設計図を盗み出す作戦を開始。参加メンバーは少ないと思いきやけっこういたり。でもこのシーンは熱い。

R1_2.jpg

出発するときにコールサインを尋ねられ、適当に(笑)「ローグ・ワン」と。

惑星イードゥで盗んだ帝国軍の輸送船で、惑星スカリフのシールド・ゲートを突破し、シタデルタワーの近くのドックに着陸成功したジン達はシタデル・タワーに潜入する班(ジン・キャシアン・K-2SO)と外で陽動作戦を行う班(チアルート達)とに別れて作戦を開始。

当然、帝国軍も反撃開始
R1_3.jpg

反乱軍の増援も到着し軌道上でのドッグファイト。レッドリーダー(CG?)も大活躍。ウェッジがいないか目を皿にした(笑)。設計図を盗み出すのには成功したけど、送信するにはシールド・ゲートを破壊するしかない。でも、そこまで通信する方法は?終盤はもう手に汗握る展開。一体どうするんだ?と思っていたら、反乱軍のハンマーヘッドでスター・デストロイヤーに体当たり、そのまま押し続けて、シールド・ゲートを破壊するという荒業。そこは反撃しろよ、スター・デストロイヤー!と突っ込んだ。

設計図を手に入れた反乱軍、それを追うダース・ベイダー。こ、この展開は!?
R1_4.jpg
そう、EpⅣに繋がるあのシーンです。ベイダー卿が強いのなんのって。中盤に少し登場し、例の呼吸を止める技(?)をやってくれてそれで出番終了かと思っていたら、最後にこんなサプライズが。そして何とかベイダー卿
から逃れ、設計図はあの人・・・レイア姫へ。

更にサプライズがあった^^

いやぁ良かった。EpⅢを見た時に完璧にⅣに繋がっていたのにも鳥肌が立ったけど、今作のEpⅣへの繋がりもまた鳥肌モノ。家に帰ってEpⅣを見返したけど、以前まではアナキンでダメだったことがルークという「新たな希望」が出てきて「フォースの均衡」が保たれた的な印象だったのが、「デス・スターを破壊できる」という「新たな希望」という二重の解釈が出来るようになり、つくずくSWは深いなぁと再認識・・・というかルーカス卿がそこまで考えてタイトルを付けたのか!と・・・まぁ違うと思うけど(^_^;)

ここまで絶賛ですけど、スター・デストロイヤーは大気圏内で運行できたのか?(EpⅤでシャトルで移動していたのは何故?)とかレイア姫はいつR2と3POと接触したのか(これは師匠もしきりに言ってた)とか、デス・スターが移動しすぎとか、ヤヴィン4にXウィング多過ぎとか(この作戦で使い過ぎでEpⅣではあの数しかなかったのかと言う解釈も出来るけど)等々、突っ込みどころはあるけど、これまで発表された作品の中ではNo.1に匹敵する作品。

外伝作品ならではのキャラの使い捨て感も凄まじいし、ホント大満足の作品。
ギャレスエドワーズ監督、あんた良くやったよ。あと1回ぐらいは観に行きたいですね。満足でした


タグ:TV、映画
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 5

YaCoHa

私もウェッジ探しました。久しぶりのYウィングが出た直後に「レッドリーダー」、「ゴールドリーダー」、って台詞に鳥肌立ちました。
by YaCoHa (2016-12-19 23:12) 

47

どうやらウェッジもハン・ソロも出てないみたいですね。ニエン・ナンがいたような(同種族かも)
by 47 (2016-12-20 12:45) 

ねじりパン

YaCoHaさん
アニさん
HAtAさん

niceありがとうございます
by ねじりパン (2016-12-20 13:19) 

ねじりパン

YaCoHaさん

そのシーンもヤヴィン4の見張り台(?)の背後をXウィングが飛んでいくシーンなんてのも。ギャレス監督のSW愛が感じられましたね。EpⅦもそこら辺があったらなぁ(^_^;)
by ねじりパン (2016-12-20 13:22) 

ねじりパン

師匠。

ニエン・ナンて第2デススターをランド・ カルリジアンと撃破した人(?)ですっけ?

by ねじりパン (2016-12-20 13:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: