So-net無料ブログ作成
検索選択

久留米の「キムラヤ」が今日1月31日で事業終了なんです>< [日記、雑感]

久留米市のソウルフード的なパンと言えば、キムラヤの「まるあじ」です(断言)

そのキムラヤが1月末で事業終了というニュースを聞いて心中穏やかではなかったです(^^ゞ
で、ついにその日が来てしまった。

キムラヤの代表格と言えば「まるあじ」と「ホットドッグ」

723064.jpg
「まるあじ」(画は拾い)
メロンパンのような形をしています。メロンパンじゃないけど

contents_1_1.jpg
「ホットドッグ」(画は拾い)
中身はサラダとハムでウインナーは入っていないという。

なぜこれがホットドックかと言うと・・・昭和初期に、ホットドッグががアメリカで流行ってるって聞いた創始者が、名前から想像して作ったとか。でも想像で作ったにしてはうまいんですよ、これが。

事業終了が残念すぎる。師匠によると他で生産するじゃないかと。そうであって欲しい。
消えてしまうには惜しいパンです。最近食べてなかったけど(^^ゞ
タグ:日記、雑感
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今度は「機動戦士ガンダム シャアの万年筆」 [ガンダム]

今度はシャア
char20170131_1.jpg
機動戦士ガンダム シャアの万年筆

プレミアムバンダイ」でシャア・アズナブル仕様の万年筆「機動戦士ガンダム シャアの万年筆」が出る!
予約開始は1月31日13時。

価格は23,760円、発送開始は2017年5月

char20170131_2.jpg
本体は当然金色でシャアのパーソナルエンブレムありで、何ともカッコいい

欲しいけど、万年筆は使わないしなぁ(^^ゞ

商品DATA
商品名:機動戦士ガンダム シャアの万年筆
価格:23,760円(税込)(送料・手数料別途)
セット内容:万年筆 1本、ブロッターカード1枚、インクカートリッジ(ブラック)1本、ケース1個
商品サイズ:万年筆/全長139.5×最大径15.4mm
商品素材:本体軸/AS樹脂 ペン先/14金 ペン芯/ABS樹脂
リング/真鍮、 クリップ/ベリリウム銅
生産国:日本

機動戦士ガンダム シャアの万年筆(プレミアムバンダイ)
タグ:ガンダム
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitterまとめ投稿 2017/01/31 [Twitterまとめ投稿]


「人狼機ウィンヴルガ」1巻 [漫画]

綱島志朗新作なので買ってきました

人狼機ウィンヴルガ

あらすじは「平和に暮らす少女・真白たちの町に出現した侵略者ドミネイター!人を人とも思わぬ非情なる所業に真白が怒りに震える時、町を守護する守人が目覚める!!本格巨大ロボットアクション、ここに開幕!!(裏表紙より)」

ロボット×エロ・・・何ともチャンピオンREDらしい話です(^_^;)
帯には「「ジンキ」の綱島志朗が描く。 巨大ロボット漫画の進化形!!」とあるので新作かと思ったら、まさかのジンキシリーズ(^_^;)

今までのジンキは色々と出版社が変わって途中で離脱したんだよね。ネットで調べたら「ジンキ」「ジンキ・エクステンド」までは買ったよう、「JINKI-真説-」「リレイション」は記憶にないので買ってないみたい。まさか今回もジンキとは・・・。まぁ表紙みて「もしかして」とは思ったんですけどね。

つかみはなかなか良し。ただ女性の扱いがちょっとなぁ。エロがラッキースケベ的な感じだったら良かったんだけど。まぁ女性が主人公なんだからそれは無理だったか。それでも面白いし、引きも良いので次巻も買いますかね。あとはちゃんと完結して欲しい・・・かな(^_^;)





人狼機ウィンヴルガ 1 (チャンピオンREDコミックス)

人狼機ウィンヴルガ 1 (チャンピオンREDコミックス)

  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: Kindle版





タグ:漫画
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

「キマイラ12 曼陀羅変」 [本]

買った

キマイラ12 曼陀羅変

「久鬼麗一と大鳳吼のなかのキマイラが、まだ目覚める前の物語――。中学生の九十九三蔵は、円空寺で、
真壁雲斎を訪ねてきた久鬼麗一と初めて出会った。その後、西城学園の入学式で再会した二人の間には、
次第に友情が芽生えていく。その頃、西城学園は、「もののかい」という空手部と関係があるらしいグループによって支配されていた。一年生の夏休み箱根の別荘で過ごしていた久鬼と九十九は、同じ場所で行われていた
空手部の常軌を逸した合宿を目撃するが……。大河シリーズ「キマイラ」、待望のシリーズ最新刊! ! (内容紹介より)」

「曼荼羅変」・・・獏さんが確か最終巻のタイトルにするって言ってた(よね?)。
これで完結するのかと慌てて読んだ。11巻のラストでどうまとめるんだろうとか思っていたら、過去話で。

そりゃね~よ、獏さん(^_^;)

良く見たら帯に「九鬼麗一と九十九三蔵、運命的な出会い」とある。参ったね。今回は溜め巻かぁ。
でもこれからラストの向かう(はず)ので一度原点に戻る必要があったんだろう(と思いたい)。あとがきにも次巻「堕天使変」で現代に戻ると書いてある。まぁ個人的には過去編は「青龍変」みたいな外伝で書いて欲しかったけどね。でも初めて読んでから30年以上経ったし、ここまで付き合ったんだから最後まで付いていきますよ、獏さん。


キマイラ12 曼陀羅変 (朝日ノベルズ)

キマイラ12 曼陀羅変 (朝日ノベルズ)






タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「コンビニ人間」 [本]

とうやく読みました。

コンビニ人間

第155回芥川賞受賞作ですね。
ねじはひねくれてるので話題になった時は読まないで、ちょっと時期を外して読破です(^_^;)

あらすじは「36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。現代の実存を問い、正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説(内容紹介より)」

一気読みです(2時間ぐらい?)

前半は「普通」って何だろうって思いながら読み、後半は白羽との関係(序盤で登場した時はこうなるとは思わなかったけど)に驚きながら読んだ。白羽なんて「コンビニ店員なんて底辺」「自分はネット起業する」と言う「まだ俺は本気出していない」系のキャラ。何だよ、こいつって読んでてイライラしたけど、そういや職場にもいたなぁ、こういう奴。

スパッと終わるラストは個人的には良かったけど、もう少し・・・と思うけど、まぁあれで良いのかな。ちょっと辛くて「世にも奇妙な物語」を見ているような感じだった。でもなぁ、古倉さんの妹や白羽の義妹の言葉、コンビニの仲間の態度から、結局は普通じゃない人は世間から排除されるって事で、やはり部品にならないと生きていけないってことなのかなぁ。う~ん、切ないなぁ。もっと未来のある結末が良かったけど、それだと作者の意図したものじゃないんでしょうね。これからの古倉さんとか白羽とか色々考えられるラストで悪くはないですけどね。

これ、映画化して欲しいなぁ


コンビニ人間

コンビニ人間

  • 作者: 村田 沙耶香
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/07/27
  • メディア: 単行本



コンビニ人間 (文春e-book)

コンビニ人間 (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/07/27
  • メディア: Kindle版





タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Twitterまとめ投稿 2017/01/28 [Twitterまとめ投稿]


「Pen+」 マーベル最新案内 [本]

今回のpen+は…

マーベル最新案内

まぁドクターストレンジ公開前ってとこなのかな。

こういった特集本で定番のマーベル・シネマティック・ユニバースの流れやキャラ紹介、ドラマの紹介とおさえるとこはおさえてる。

個人的にはスタン・リーの単独インタビューがもう少しページがあればなぁと。そこは残念。ま、これは仕方ないのかな。

MCU入門編には最適な1冊。

ジャスティス・リーグ公開時にはDC特集本もお願いします。

【主な内容】
・[単独インタビュー] 伝説のクリエイター、スタン・リーとは。
・驚異の映像美、『ドクター・ストレンジ』公開。
・マーベル作品初登場、ベネディクト・カンバーバッチ・インタビュー
・[対談]足立梨花(女優)×なだぎ武(お笑い芸人)
マーベルのこと、わかりやすく教えてください。
・マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の全貌。
・マーベル・ヒーロー、隠されたその実像に迫る。
・MCUに欠かせない、重要キャラクターたち。
・名優の演技が、「ヴィラン」に深みを与える。
・MCUを読み解くための、2つのキーワード
・進化を続ける、エージェント・オブ・シールド
・マーベルを刺激する街、ニューヨークを巡る旅。
・独自の世界、X-MENはシリーズでおさえる。
・スパイダーマン、待望の新展開。
・NYとLA、2つの拠点から発信される創造性。
・コミックを牽引するマーベルの出版の歴史。
・マーベルが広げる、コミック版『スター・ウォーズ』
・時代を反映する、女性ヒーローたちの活躍。
・マーベル・コミックを描く、日本人アーティスト
・壮大なストーリーは、シヴィル・ウォーが転換点。
・私が愛してやまない、マーベル・ヒーローたち。
・体験したい、マーベルの最新アトラクション
・映像からグッズまで、マーベルを楽しみ尽くす。


Pen+(ペン・プラス) 映画・コミック・ドラマ・グッズ  マーベル最新案内。 (メディアハウスムック)

Pen+(ペン・プラス) 映画・コミック・ドラマ・グッズ マーベル最新案内。 (メディアハウスムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: ムック



Pen+(ペン・プラス) マーベル最新案内。 (HCムック)  [ムック] ペンプラス

Pen+(ペン・プラス) マーベル最新案内。 (HCムック) [ムック] ペンプラス

  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/01/19
  • メディア: Kindle版


タグ:
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「バイオハザード7」が届いた [CAPCOM]

今日はバイオ7の発売日。
当然、仕事は休みにして(笑)
今回もイーカプコンを利用し限定版チョイス。で、朝から待機。

時間指定してなかったので、昼に到着。これまた箱がデカイ(^_^ゞ

中身は、ソフトに書籍インサイドレポート)、ずた袋(^_^ゞ

袋の中は・・・

CD、トランプ、ハープシード、マグカップ


ハープは裏にペタリと。栽培してグリーンハーブを育てろということかな


CDはレコード盤ケースに。


マグカップは普通すぎる(^_^ゞ

今回もどーせっちゅうんやって感じの限定版の中身で。しかも海外版にも日本語があるとかないとかで、Z指定でも修正があるので正直失敗したかと思ったけど、まぁ雰囲気は出てるのでヨシとするかな。海外版は箱1で手頃な値段になった時に買えば良いし・・・って、こうしてる間にインストとアプデが終了。容量が23GBと思ったよりも少なかったのは助かった。

空き容量が少なくてどうしようかと思ってたので(^_^ゞ
ホント、箱みたいに外付けHDDからもゲーム起動が出来ると良いのになぁ。

さて、プレイ開始!

Twitterまとめ投稿 2017/01/26 [Twitterまとめ投稿]