So-net無料ブログ作成
検索選択

「アイアムアヒーロー」22巻 [ゾンビ(映画・漫画)]

ついに完結です

アイアムアヒーロー

青年漫画の金字塔、堂々、完結。シリーズ累計800万部超。青年漫画の金字塔、ここに完結。
2009年、『アイアムアヒーロー』連載開始。ZQNと呼ばれる謎の感染症が蔓延し、主人公の漫画家・鈴木英雄の日常は、突如パニックに陥る。そして…2017年、英雄の物語は、漫画史上かつてないミニマムかつダイナミックな終わりを迎える。

東京池袋に戻ってきた鈴木英雄は、この日常のヒーローになれるのか。クルス、浅田、コロリ…三つ巴の戦いの末、新しい世界の黙示録は、誰の手によって作られるのか。大事な人を次々と失いながら…生命は今、クライマックス。さようなら、生きて、英雄。
(内容紹介より)

読み終わって思ったのが、これはないよなぁ。
結局、あのZQNは何だったのか。あの巨大DQNの正体は?英雄は飲み込まれても生きてたのはなぜ?クルスって?謎は何も解明されないで終わってる。逆に潔い感じもする。てっきり鈴木「英雄」が本当の「英雄」になるような展開になるんじゃないかなぁって勝手に思っていただけに、このラストには戸惑うばかり(;^_^A

まぁ世界は崩壊したんだし、そんな謎なんて今更関係ないでしょってことでしょうね。

それでも納得出来ないなぁ。あと残り数ページになった段階で、英雄が「夢落ちだったら…」の台詞で、実は英雄は漫画「アイアムアヒーロー」を描いていて、ハリウッド映画みたいに描き終わった原稿からカメラが引いていって実は現実だったってオチかなぁって思ったのになぁ。それだったたら映画的でドキドキしたのに(;^_^A

まぁ開幕当初、英雄が人生の主役になりたいみたいなこと言ってたので、そこが着地点だったってことですよね、先生。
次回作も読みますよ





アイアムアヒーロー 21 (ビッグコミックス)

アイアムアヒーロー 21 (ビッグコミックス)

  • 作者: 花沢 健吾
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: コミック


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック