So-net無料ブログ作成
検索選択

ゼロの激震 [本]

「Tの衝撃」が出てる中、ようやく読破しました。


ゼロの激震

あらすじは「関東北部では、金精峠で土砂崩れが起こり、足尾町の人々が原因不明の死を遂げ、富岡で大火災が発生するなど大災害が頻発していた。そんな折、元大手ゼネコン技術者の菊川のもとに、突如奥立という男が現れる。すべてはマグマ活動にともなう火山性事象が原因であり、これ以上の被害を阻止すべく、東京湾第一発電所の建設に携わった菊川の力を借りたいという。だが、菊川の協力もむなしく秩父鉱山で大噴火が発生、やがてマグマは東京へと南下していく。このままでは関東が壊滅し、最悪の場合、日本、そして世界までもが滅んでしまう――。地球規模の未曾有の危機に元ゼネコン技術者、地質学者たちが挑むパニックサスペンス巨編!(内容紹介より)」

冒頭の「バベルシステム」の描写で、いきなりねじのハートを鷲摑み。こういう何とかシステムとか何とかプロジェクトとかいう単語に弱いのよね~、ワタクシ。で、「シン・ゴジラ」を観た後に読んだので、閣僚会議や非常災害対策本部やらで鷺巣詩郎さんのあの音楽が脳内でガンガン鳴ってました(^_^;)

正直、昨年の熊本地震があった後なので、読み終えるまでに時間がかかってしまったけど、面白かった。読んでる最中にグラッと来た時は心臓がキュッとなりましたよ(笑)。後半、地殻変動の謎解きには「マジか!」と思ったけど、なかなかでしたね。この辺の展開も良いなぁ。これも映像化してくれないかなぁと読後思うのでした。

次回作はどういった話になるんだろう。
またゼロ縛りのタイトル(「ゼロ」シリーズというから)になるだろうから、「ゼロの逆襲」とか「目撃者ゼロ」とか「視界ゼロ」とか(笑)。1年に1冊のペースだからそろそろ?

それまでは「Tの衝撃」を読んで待っていよう。


ゼロの激震 (『このミス』大賞シリーズ)

ゼロの激震 (『このミス』大賞シリーズ)




ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 安生 正
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2017/06/24
  • メディア: 文庫


タグ:

Twitterまとめ投稿 2017/05/20 [Twitterまとめ投稿]