So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

山口・萩旅行~その13 道の駅 萩往還で食事 [食べ物・食事]

帰る途中で道の駅 萩往還へ。
吉田松陰の記念館も併設されていたんですが、入らず食事をすることに。このままだと何も食べないで帰りそうだったんで(^_^;)

ダイニング玄」のハンバーグが美味しいと言うことだったんですが、「うどん茶屋 橙々亭」へ

食事時を外れていたので、ゆったり出来ました


ねじは肉ごぼう天うどんをチョイス


福岡のうどんと違って、ちょっと硬めだったのに驚きです。新鮮でした

で、ここに設置してあったポストが洒落てた

こういうの好きです^^

所在地:〒758-0061  山口県萩市大字椿字鹿背ヶ坂1258
電 話:0838-22-9889
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山口・萩旅行~その12 伊藤博文旧宅、別邸…そして大照寺 [旅行・ドライブ(山口県)]

続いて訪れたのはここ

伊藤博文旧宅


伊藤博文別邸

昼を回り、そろそろ岐路につかないと帰宅した時の時間がとんでもないことになるので、ささっと見ることに。あとは吉田松陰誕生地やら高杉晋作誕生地やら行きたかったんだけど、最後は東光寺を見て帰る事にした。でも、東光寺の名前をど忘れして、デカイ案内板にあった大照寺に来てしまった(^_^ゞ


大照寺

でも毛利家の偶数代藩主が祀られてるところ。いや、これはこれで良かった。
もう時間も無かったので外から眺めるとこに。

良い時間になったので帰りましょう!


伊藤博文旧宅 & 伊藤博文別邸
所在地:山口県萩市大字椿東字新道1511-1

大照院
所在地:山口県萩市椿青海4132
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山口・萩旅行~その11 松下村塾と吉田松陰幽囚ノ旧宅 [旅行・ドライブ(山口県)]

松陰神社の近くにありました。


松下村塾



ツアー客のガイドさんの話をただ聞きしながら見学です(^_^;)


久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、木戸孝允、吉田稔麿などの写真が飾ってあります。
かつてここに集った先人たちの思いが感じられる、何と言うかパワーを感じるすごい場所です。




講義室

ここに集って講義をしていたのかと思うと、興奮しまくりです。
そして松下村塾の近くにもうひとつ建物があって、それは…

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山口・萩旅行~その10 松陰神社 [旅行・ドライブ(山口県)]

次の目的地はここ

松陰神社

途中、松下村塾を通って(これも同じ場所にあったのか!)境内へ。



今日は何かあってたみたいで人が多かった


お参りして、武にお土産を購入。松陰神社の御守りが欲しいと言うので。
「何の御守りが良いんだ?」と電話したら○○の御守りが欲しいと。○○は内緒(笑)

巫女さんに○○の御守りあります?って聞いたら困ってた(そりゃ、そうだ)。
で、アドバイスを貰って(笑)御守りチョイス。その御守りは取説?付で、ちゃんとしないといけないようだ(^_^ゞ

境内には「至誠館」という宝物館があったんですが、時間の都合で今回は断念。
ホント、今回の旅行は時間が足りなかったですね。これは反省点でした。

所在地
〒758-0011 山口県萩市椿東松本1537
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山口・萩旅行~その9 旧厚狭毛利家萩屋敷長屋 [旅行・ドライブ(山口県)]

萩城跡の入場券を買ったら、ここの入場券もセットになっていたのでやってきました。

旧厚狭毛利家萩屋敷長屋



旧厚狭毛利家萩屋敷長屋について
長州藩主毛利氏の一門、厚狭毛利家の屋敷のあったところで、屋敷は全長51mの長大な長屋、屋根は一重入母屋造り瓦ぶき、式台および縁付で、中間部屋もある代表的な武家屋敷長屋(ネットより)




萩市に残っている武家屋敷の中では最大規模の大きさだそうですね。圧倒されました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山口・萩旅行~その8 萩城跡 [旅行・ドライブ(山口県)]

萩城跡です。

今回の旅行でねじが一番行きたかったところです。
昨日宿泊した「萩一輪」を選んだ理由は萩城から近かったからいと言うぐらい行きたかったのです(^_^;)

萩城は関ヶ原の役後毛利輝元が慶長9年(1604)築城に着手し4年後の同13年(1608)に至って完成したものである。萩市内の西北隅、指月山(標高143メートル)の麓に位置し山名をとって指月城とも呼ばれた。山麓の平城と頂上の山城とを併せた平山城である(説明板より)。

萩城趾の手前のお土産屋さんの駐車場に駐車(無料Pとなっていたけど、ちょっと心配になりましたけど)。城の方向へ歩いていくと…


毛利輝元公がどーんとお出迎えです

さらに進むと…


天守閣跡

このアングル。おぉ!このアングル!色んな雑誌で見たアングルです。これだけでねじは興奮しまくりです。相方さんは萩焼きのほうに夢中なんですけどね(^_^;)


鯉や亀がたくさん。鳩もいて慣れています。逃げません^^

本丸門手前の券売所で入場券を購入。100名城スタンプもここにあったんだけど、押し忘れ。あうち!><


石垣、堀のみで城というより公園(指月公園というくらいですからね)なんですが、昔の事を色々と想像出来てワクワクします。


志都岐山神社(しづきやまじんじゃ)



そこから東に向かうと井戸がありました

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山口・萩旅行~その7 「萩一輪」朝食。そして出発です [食べ物・食事]

朝食は、朝からこれで元気モリモリ♪お米は料理長自ら厳選した・コシヒカリ米を使用した釜飯と熱々の味噌汁をどうぞ!海の幸、山の幸を料理人が腕を振るって調理!(予約確認メールより)

朝食もこれまた大ボリュームで…(^_^;)




食事に関しては大満足です。

朝食後、朝風呂へ。昨夜入った所と男女入れ替えてあり、朝入った所はちょっと小さめな風呂(湯船は2箇所ありましたけど)でした。露天風呂は景色が見えなくて残念。昨夜入った方は大きくて外の景色も見えそうだったんですが、夜だったんであんまり見えないと言う。まぁこれも度の思い出ですね
そうそう、ちょっと間違えて女湯の方に入りそうになったのは内緒です(^_^;)

それに、この宿のお風呂、ちょっと温度が低めに設定してあるかなぁと。ねじはもう少し熱めでも良かったかな…まぁこれは個人差やそこの場所場所で違うので何とも言えないですね。

風呂から上がり、もう一度景色を堪能します。


ホント、良い所。そうこうしていると10時近くになったのでそろそろチェックアウトです。

ここで個人的に驚いた事がありました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山口・萩旅行~その6 「萩一輪」で夕食 [食べ物・食事]

さぁ夕食です。

1階の食堂へ。畳敷きの部屋でテーブルが…。
テーブルとは思わず、ちょっと意外(^_^;)

夕食【藤花-touka-】は、美味しくて体に良い『海の幸』や『山の幸』。その季節を代表する地元の食材を一番おいしく提供する、そんな料理人のこだわりあふれる会席料理です(予約確認メールより)。

予約する時、ちょっと足りないんじゃないかなぁと思ったので、夕食オプションで彩花を追加。これには地魚盛合せ、見蘭牛、鹿野高原豚、活き鮑陶板焼が付いてました。でも…

androidapp/60396170622230933-754688033.png


結構、ボリュームある…



相方さんには申し訳ないけど…

取りあえずビールで(^_^;)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山口・萩旅行~その5 今日の宿は「萩一輪」 [旅行・ドライブ(山口県)]

今回の旅行でお世話になるところは

はぎ温泉 宵待ちの宿 萩一輪

なぜ、ここを選んだのかというと…ごにょごにょ(^_^;)

チェックインを済ますと、「マイクロバスで朝の萩市内を案内しますが、どうしますか?」と提案されてしばし思案。せっかくだから参加しようかとも思ったんですけど、朝7時からというのがネックで断念。見学ツアーに参加して、朝食とって朝風呂入って、10時チェックアウトとなるとちょっとバタバタするなと思いまして。ほんとは参加したかったんですけどね。それは次回、また訪れた時の楽しみにしよう

ねじ達の部屋は305号室


今回の宿泊プランは ◆海沿いのお部屋で過ごす◆露天風呂付客室【和室6帖 or 7.5帖】というプランをチョイス


部屋も清潔で悪くないです^^

部屋からの眺めも良い感じ。すぐ近くに菊ヶ浜海水浴場があり、打ち寄せる波音が心地よい。

暫く眺めて、仕事に疲れた心が癒されました。

モチロン露天風呂付をチョイスです。大風呂に入った後にゆっくり入ろう。


夕食は18時20分からにしたので、それまで暫くゴロゴロします(笑)
今思い返せば、近くを散策すれば良かったかなと(^_^;)

住所:山口県萩市堀内482-2
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山口・萩旅行~その4 元乃隅稲成神社 [旅行・ドライブ(山口県)]

そのまま元乃隅稲成神社に


真っ赤な鳥居が、ずらーっと並んでて、インパクト強し。

元乃隅稲成神社について
1955年(昭和30年)に、地元の網元の枕元に白狐が現れ「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことを元に、太皷谷稲成神社(島根県津和野町)から分霊されて建立された。全国の稲荷神を祀る神社が「稲荷神社」と記すのに対し、「稲成神社」の字を充てているのはこのためである。商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神として、地域の人々の信仰を集めている。(wikiより)

鳥居をくぐりながら暫く歩くと紫陽花が咲いてました。


元乃隅稲成神社まで向かう途中で振り返ると、赤い鳥居が壮観です。


これは凄い。




裏参道出口付近にある大鳥居の中央上部(高さ約4m)に賽銭箱があるんですが(写真は違いますけどね)、ナニコレ珍百景で紹介された鳥居の上の方に設置されている賽銭箱…ですね。観光客が多すぎて投げられなかったので遠くから眺めるだけでした。残念。

景色を堪能していたら夕方近くなってきたので、今日の宿に向けて出発です。

そしてようやく到着です

「はぎ温泉 宵待ちの宿 萩一輪」

今日はよろしくお願いします

所在地
〒759-4712  山口県長門市油谷津黄498
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ