So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年F1第11戦ハンガリーGP決勝はセバスチャン・ベッテルが優勝 [F1]

2017年F1第11戦ハンガリーGP決勝は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝!
2017_hungary.jpg
今季4勝目、通算46勝目

スタート直後、レッドブル勢が同士討ちという大波乱。何をやってるんだ?マックス!!
この最初のアクシデントの後は、抜きどころのないハンガロリンク故、淡々としたレースに(^_^;)

レースは中盤、ピットストップが行われた辺りから面白くなってきた。まずはアロンソ。フェルスタッペンのペナルティー消化とピットストップで6番手にジャンプアップ。終盤はペースが上がらなくなったベッテルに、ライコネン、ボッタス、ハミルトンが連なるという面白い展開。ここで出た。メルセデスのチームオーダー。ハミルトンがボッタスより速く走ることが出来ると判断しチームオーダー発動。でも最終的には抜けず(まぁハンガロリンクだからなぁ)、そのままセブが1位でフィニッシュ。ライコネンが2位に入り第6戦モナコGP以来のフェラーリ1-2フィニッシュ



セブが勝ったハンガリーGPだけど、個人的にはマクラーレン。目標の2台完走Wポイント獲得がようやく達成。ハンガリーGPだから達成できたとも言えなくもないけど、最終ラップでのアロンソのファステスト(これは痺れた)。やっぱアロンソすげーなぁと再認識したレースでしたね。何はともあれ、これでコンストラクターズランキング最下位脱出!取りあえず良かった(志低いけど)。それとハミルトン。きちんとボッタスに順位を返したのは驚きだった。昨年の最終戦の事もあったのでそのままゴールするかと思っていた。でもこれはフェラーリとメルセデスのマシン性能の差を見極めて、このポイント差(14ポイント)だったら逆転可能とみたか…どうなんだろう?

さて、これで20レース中11レースを消化。
3週間の夏休みを挟んで、ベルギーGPから本格的な後半戦。セブが逃げ切れるか?ハミルトンが追いつくか?伏兵ボッタスが大逆転するか?やっぱり今年のF1は面白いなぁ。

ハンガリーGP決勝結果
1位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
3位:バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
4位:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
5位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
7位:カルロス・サインツ(トロロッソ)
8位:セルジオ・ペレス(フォース・インディア
9位:エステバン・オコン(フォース・インディア)
10位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

イギリスGP決勝はハミルトンがポール・トゥ・ウィン [F1]

2017年F1第10戦イギリスGP決勝はハミルトンがポール・トゥ・ウィン!
2017_silverstone.jpg
今季4勝目で通算57勝目。ハミルトンはイギリスGP4連覇



2位はボッタスが入り、メルセデスの1-2フィニッシュフェラーリ勢は終盤(残り3周!)のタイヤトラブルでライコネンは3位、セブは7位。これでセブとハミルトンの差は1。

これは面白くなってきた^^

マクラーレンは、アロンソがトラブル、32周目でリタイア。バンドーンは11位でフィニッシュ
PUも良くはなってきてる感じがするけど上手く行かないですね。

2017年イギリスGP決勝
1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
5位:ダニエル・リチャルド(レッドブル)
6位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
7位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
8位:エステバン・オコン(フォースインディア
9位:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
10位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オーストリアGP決勝はボッタスが今季2勝目 [F1]

2017年F1第9戦オーストリアGP決勝は、バルテリ・ボッタスがポール・トゥ・ウィン!
2017F1_R9.jpg
今季2勝目

1コーナーをトップで通過したボッタスは、そのまま快走。2番手のセブに8秒弱の差を付けた時はこのまま行くかなと思ったけど、中盤のピットストップ以降はセブが接近。残り3周で差は1秒。これは追い抜くと思ったけどなぁ。そのままボッタスがトップチェッカー。正直、ボッタスは2018年の誰かの為の繋ぎのドライバーと思ってた。

スミマセン、ボッタス

さてさて、マクラーレン。スペック3PUを投入してなかなか期待が持てたんだけど、レース開始いきなりでアロンソはアクシデント。バンドーンじゃ、まぁこんな結果(12位フィニッシュ)かなぁ。アロンソが完走したらポイントゲットかもと思ったけど、うまくいかないですねぇ><

今レースでセブが2位、ハミルトンが4位になったので、ドライバースポイントは、セブが171ポイント。20ポイント差で2位はハミルトン(151ポイント)、ボッタスが3位(136ポイント)となり、逃げるフェラーリに追うメルセデスの展開。

ますます面白くなってきた^^



2017年F1第9戦オーストリアGP決勝結果
1位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
4位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
5位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
6位:ロマン・グロージャン(ハース)
7位:セルジオ・ペレス(フォースインディア
8位:エステバン・オコン(フォース・インディア)
9位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
10位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP決勝はリカルドが今季初優勝。 [F1]

2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP決勝はレッドブルのダニエル・リカルドが今季初優勝。
2017_azerbaijan.jpg

セブがハミルトン故意に接触してペナルティーを科せられるなど、ハプニング続出する荒れたレース展開。何と言っても3回のSC出動に赤旗中断と、ここ最近のレースじゃ一番じゃないかというぐらい。

こういった荒れたレースは新たなウィナーが出るもんだけど、今レースではストロールがそれでしたね。優勝は出来なかったですが、フィニッシュまであと少しというところまで2位走行。これは行くかと思ったんですが。残念

しかし面白かった。

ホント、今年のF1は面白い。セブとハミルトンのやり取りも別に良いじゃんって思うなぁ。去年の最終戦のハミルトンの作戦といい、こういうのは嫌いじゃない。ホントは良くないことかもしれないんですがね。

アロンソは今季初ポイントゲット。これで少しは調子が上がれば良いんですけどね。
次戦より投入予定という新スペックのPUに期待です。



アゼルバイジャンGP決勝結果
1位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
2位:バルテリ・ボッタス(メルセデス
3位:ランス・ストロール(ウィリアムズ
4位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ
5位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6位:エステバン・オコン(フォースインディア
7位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
8位:カルロス・サインツ(トロロッソ)
9位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ
10位:パスカル・ウェーレイン(ザウバー)
タグ:F1
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000」 [F1]

定期的に刊行されてるGP CAR STORY。今回のマシンは

Ferrari F1-2000

シューミィがフェラーリでチャンプになった時のマシンですね。
あれからもう17年が経っているんだなぁと。
当然、シューミィ中心の特集本なんですが、しっかりバリチェロもフォローしてるのはさすが。
中でもトッドのインタビューが個人的に良い。あの鈴鹿のシーンがお気に入りみたいなコメント。個人的もあの写真は好きなので、やっはりそうだったかと納得してしまった。でも今のシューミィを思うと悲しくなるけど><

シューミィ、早く帰って来い!

「皇帝、帰還す」のニュースが速報で流れるのをいつまでも待ってるぜ!


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)

GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)






タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2017年F1第7戦カナダGP決勝はメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが優勝 [F1]

2017年F1第7戦カナダGP決勝はメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが優勝。2位はバルテリ・ボッタスでメルセデスのワンツーフィニッシュ

2017R7Can.jpg
ハミルトンは2007年に初勝利をしたカナダGPで通算6勝目。これで今季3勝目で通算56勝目。

スタート、フェルスタッペンがボッタスとセブをパス。しかしフェルスタッペンの左リアホイールとセブのフロントウイングが接触(あうち!)し、セブは後退。それでも4位まで挽回するんで、やっぱり今年のフェラーリは速いよね。う~ん、この接触がなかったらレース展開も変わって面白くなったんだけどなぁ。でもこれもレースアクシデント。仕方ない。

でもホント今年のF1は面白い。見ててわくわくする。当たり前だけど、チームメイト同士のバトルよりチームバトルが良い。このまま最後まで縺れて欲しい。

で、マクラーレンは…。
次、頑張りましょう><



F1カナダGP決勝結果
1位:L.ハミルトン(メルセデス)
2位:V.ボッタス(メルセデス)
3位:D.リカルド(レッドブル)
4位:S.ベッテル(フェラーリ)
5位:S.ペレス(フォースインディア
6位:E.オコン(フォース・インディア)
7位:K.ライコネン(フェラーリ)
8位:N.ヒュルケンベルグ(ルノー)
9位:L.ストロール(ウィリアムズ) 
10位:R.グロージャン(ハース)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1速報 モナコGP/インディ500特別編集号 [F1]

唯一のF1専門誌になってしまったF速。


最新号はモナコ&インディ500特集

表紙はまさかの琢磨(^_^ゞ
正直、編集部的にはアロンソが参戦するのでインディも取り上げるかと思った(に違いない)んだろうけど、まさか琢磨が初制覇しちゃうとは。


巻頭も琢磨

インディ500特集は20頁弱と「F1雑誌よね、これ?」って思わず突っ込みたくなる誌面構成。ま、琢磨がやってくれたんでこれはこれで嬉しい。記念にもなるしね。

ついつい読み込んでしまった。他にも琢磨本出ないかなぁ


F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号

F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2017/06/01
  • メディア: 雑誌


タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2017年F1第6戦モナコGP決勝はセバスチャン・ベッテルが優勝 [F1]

F1モナコGPは、セバスチャン・ベッテルが優勝。
2位はキミ・ライコネンでフェラーリの1-2フィニッシュ
1190321.jpg
セブは通算2度目のモナコGP制覇



ポールスタートのキミがセブに逆転を許したのはチームの云々ってあったけど、真相はどうなんだろ。チームオーダー…出てたのかなぁ。個人的にはセブが勝って嬉しいけど、なんだか後味が悪いなぁ。

さて、マクラーレン。インディ500参戦のアロンソに代わって出場のジェンソン・バトン。パワーユニット交換でのペナでグリッド後方からのスタートだったので、チームはバトンを1周目でピットストップさせる戦略…だったんだけど、ザウバーのウェーレインもピットストップしたため、意味のない事に。抜けないモナコでなかなかオーバーテイク出来ない中、残り18周のポルティエでイン側からオーバーテイクを試みて衝突→リタイア。あぁ勿体無い><

悪い事は重なるもので、このクラッシュでSC導入、10番手にいたストフェル・バンドーンはSC解除後、タイヤとブレーキが冷えていたためにアンダーステアになり、サン・デボーテでタイヤウオールにクラッシュ→リタイア。なんということだ><

モナコはドサクサ紛れにポイント獲得するかと思ったんだけど…。
ここでもノーポイント。

マクラーレンのポイント獲得はいつになることやら…

2017年F1第6戦モナコGP決勝結果
1位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
3位:ダニエル・リチャルド(レッドブル)
4位:バルテリ・ボッタス(メルセデス
5位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6位:カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
7位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
8位:ロマン・グロージャン(ハース)
9位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ
10位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年F1第5戦スペインGP決勝はハミルトンがポール・トゥ・ウィン [F1]

2017年F1第5戦スペインGP決勝は、ポールポジションスタートのルイス・ハミルトンが優勝。
2017_spaingp.jpg

2位はセブ。3位はリカルドだったんだけど、2台とリカルドの差は1分以上離れてるという、メルセデスフェラーリ異次元の速さ(^_^;)

ヨーロッパラウンドが本格的に始まるスペインで投入されるアップデートで差はどうなるんだろうと思ってたけど、この2強状態は終盤までいきそう…というか、この2チーム以外の差がさらに広がったような気が…(^_^;)

さてマクラーレンのアロンソ。予選はまさかの7番グリッドでスタートだったんですが、1コーナーでマッサと接触してコースアウト。コースには復帰出来たけど順位は大きく後退。これさえなければトップ10圏内でフィニッシュ出来たんじゃないかなぁ。アロンソはコースアウトがなくてもトップ10は無理だったみたいなコメントはあったけど…。う~ん、残念。

次のモナコに期待…ってアロンソいないか。



F1スペインGP決勝結果
1位:L.ハミルトン(メルセデス)
2位:S.ベッテル(フェラーリ)
3位:D.リカルド(レッドブル)
4位:S.ペレス(フォースインディア
5位:E.オコン(フォース・インディア) 
6位:N.ヒュルケンベルグ(ルノー) 
7位:P.ウェーレイン(ザウバー) 
8位:C.サインツ(トロロッソ) 
9位:D.クビアト(トロロッソ) 
10位:R.グロージャン(ハース) 
タグ:F1
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年F1第4戦ロシアGP決勝はバルテリ・ボッタス初優勝! [F1]

2017年F1第4戦ロシアGP決勝は、メルセデスバルテリ・ボッタス初優勝
2017_R4RusSu.jpg

F1史上107人目のウィナーフィンランド人としては2013年のオーストラリアGP以来(勝者はキミ・ライコネンで、当時はロータス・ルノー)で、ヘイキ・コバライネンに続く5人目の勝者。

フォーメーションラップ中にアロンソのマシンがストップするという何とも悲しいアクシデントからスタート。フォーメーションラップのやり直しで1周減算の52周でスタート。再スタートで、3番手スタートのボッタスは2台のフェラーリを追い抜きトップ。ジョリオン・パーマーとロマン・グロージャンのクラッシュで、開始早々セーフティカーが導入されるという荒れた展開(見てるほうは面白いけど)。ボッタスは28周目にピットイン。セブは35周目までウルトラソフトタイヤで引っ張り、スーパーソフトに交換して勝負に出る。終盤、ボッタスとの差を詰めたけど、結局は追い抜けず、ボッタスがトップでチェッカー。差は0.5秒。いやぁ面白かった。

今年のF1は久し振りに面白い。あとはマクラーレンが復活したら申し分ないけどね(^_^;)



ロシアGP決勝結果
1位:V.ボッタス(メルセデス)
2位:S.ベッテル(フェラーリ)
3位:K.ライコネン(フェラーリ)
4位:L.ハミルトン(メルセデス)
5位:M.フェルスタッペン(レッドブル)
6位:S.ペレス(フォースインディア
7位:E.オコン(フォース・インディア)
8位:N.ヒュルケンベルグ(ルノー)
9位:F.マッサ(ウィリアムズ) 
10位:C.サインツ(トロロッソ) 
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ