So-net無料ブログ作成

2017年アメリカGP決勝はルイス・ハミルトンがポールトゥウイン! [F1]

アメリカGP決勝は、ハミルトンがポールトゥウイン!
2017f1_201710.jpg
今季9勝目、通算62勝目

スタートでセブがハミルトンをスパッと抜いたのには「やった!」と思ったけど、6周目でハミルトンが抜き返した後は、差が開く一方で興味は半減(^_^;)

16番グリッドスタートのフェルスタッペンがあれよあれよで順位を上げ、6番手まで上げたり、アロンソが頑張っていたので(でもアロンソはスローダウンでリタイア)、興味はそっちに。中盤、ライコネンがボッタスを抜き2番手。続いてセブもボッタスを抜き、フェラーリの2-3。フェラーリはすかさずチームオーダー発令でセブがライコネンの前に。この辺はきっちりしてるなぁ。でもファイナルラップでフェルスタッペンがライコネンをパスして3番手に。しかしフェルスタッペンは5秒加算ペナルティーで4位。なんだか後味悪いなぁと。



このアメリカGPの優勝でメルセデスAMGは2017年コンストラクターズチャンピオンを獲得。2014年から4連覇達成。で、セブとハミルトンの差は66ポイント。残りは3戦。追いつけるかなぁ~

アメリカGP決勝結果
1位:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
2位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
5位:バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
6位:エステバン・オコン(フォース・インディア)
7位:カルロス・サインツ(ルノー)
8位:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
9位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
10位:ダニエル・クビアト(トロロッソ)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「GP CAR STORY Vol.21 Mclaren MP4/5」 [F1]

日本GPの時期だから、このマシン?

GP CAR STORY Vol.21 Mclaren MP4/5

臨界点
NA元年“新エンジンウォーズ"突入もホンダ・パワーに陰りなし
竜虎激突――不変の強さが招いた皮肉な結末

「勝つためのV10選択」
新規定エンジンと向き合ったホンダ開発者たちの試行錯誤
アラン・プロスト インタビュー「アイルトンと戦うということ」

二強の確執に埋もれたチャンピオンマシン――その開発に携わった者たちの声
ニール・オートレイ/ボブ・ベル/スティーブ・ニコルズ/マイク・ガスコイン/エマニュエル・ピロ

相変わらずの読み応え。開発の話はやっぱ面白いよなぁ。
ただ、セナプロの話が何だか前面に押してるみたいでちょっとなぁと思ったり。まぁ4/5~4/5Bはセナプロ確執マッハの時のマシンだから、これに触れないといけないのは仕方ないんだけどね。

MPモノの次は4/2か、4/5Bか…
期待してます


GP CAR STORY Vol.21 Mclaren MP4/5 (サンエイムック)

GP CAR STORY Vol.21 Mclaren MP4/5 (サンエイムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2017/10/07
  • メディア: ムック





タグ:F1
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

2017年F1日本GP決勝は、ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! [F1]

2017年F1第16戦日本GP決勝は、ポイントリーダーのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン!
F1_2017_R16_suzuka.jpg
今季8勝目。通算61勝目。鈴鹿では3勝目

ハミルトンは好スタートでトップキープ。セブも2番手で続くが、ヘアピンでフェルスタッペンにパスされ3番手に後退。そのままずるずると6番手まで後退。1周目にカルロス・サインツJr.がリタイアしたことでSCが出動。ライコネンもヒュルケンベルグに押し出されてコースオフ。このレースもフェラーリにとって不運な展開。レース再開後もセブは調子が上がらずリタイア。ここでねじの興味も終了。

ハミルトン、フェルスタッペンとの距離を測りながらの走行で磐石でしたね。途中、ボッタスが間に入って差を広げる仕事もしたし、チームプレーも完璧。終盤、トラブルでハミルトンのペースが落ち、フェルスタッペンが1秒以内に迫ってきたけど、(残り周回も少なかったし)そこは王者、そのままフィニッシュ。確かに最終周で、周回遅れのマッサとアロンソが絡んだことで、フェルスタッペンとの差が広がった運もあったけど、流石はハミルトン。

この結果、セブとの差は59点。次のアメリカGPで決まりそうだなぁ><
前半戦は面白い展開だったのに。でも可能性がある限りセブを応援するぞ!



日本GP決勝結果
1位:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
2位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
3位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
4位:バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
5位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
6位:エステバン・オコン(フォース・インディア)
7位:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
8位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
9位:ロマン・グロージャン(ハース)
10位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年F1第15戦マレーシアGP決勝は、マックス・フェルスタッペンが逆転優勝 [F1]

2017年F1第15戦マレーシアGP決勝は、3番スタートのマックス・フェルスタッペンが逆転優勝
20171001_r15.jpg
通算2勝目

2番グリッドのライコネンがトラブル発生でスタート出来ないというまさかのアクシデントでスタートしたマレーシアGP。ポールシッターのハミルトンは順当にスタート。でも今サーキットはレッドブルと相性が良かったのか、ハミルトンをパスしてからはファステスト連発。で、最後尾スタートのセブは古館さん風に言うと「振り向けばベッテル」状態で20周目には5番手に。

最後尾スタートが実に勿体無かった><

終盤、セブはリカルドに追いついたけど、セブのタイヤが追いつかなくて、4位フィニッシュ。
これで、ポイントリーダーのハミルトンとセブの差は34ポイント。次の日本GPではシンガポールのペナが付くかもとか言ってるので、ちょっと不利になってきたかなぁ。でも残り5レースで34ポイント。まだまだ追いつける可能性もあるので、頑張れ!セブ!!

さてさて離婚しちゃったマクラーレン・ホンダはバンドーンが7位フィニッシュ。アロンソは11位でフィニッシュ。まぁ残り頑張ってって感じかなぁ。ホンダは早いとこ来季にリソースを分けるところだと思うけど、日本GPで新スペック投入したら、今季の開発は終わりで来季のPUに集中なのかな。



マレーシアGP決勝結果
1位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2位:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
3位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
4位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5位:バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
6位:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
7位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
8位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)
9位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
10位:エステバン・オコン(フォース・インディア)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年F1 シンガポールGP決勝は、スタート直後でフェラーリ2台リタイア!ハミルトンが今季7勝目 [F1]

2017年F1 シンガポール決勝は、スタート直後で大波乱。
なんとフェラーリ2台がリタイアするという最悪の出だし。
2017_f1_SINGAPORE.jpg
レースは、苦戦が予想されたハミルトンが勝利し、今季7勝目。

正直、いきなりセブが消えて興味がなくなった(笑)シンガポールGPだったんだけど、2回目のSCで「ひょっとして」と思ったけど、再開してもファステスト連発でハミルトン逃げるし(^_^;)

マクラーレンは…アロンソがロケットスタートを決めて3位まで上がったけど、貰い事故→最下位後退→ノーパワー!→リタイアといつもの感じ。残念…と言うかツイてない。上手くいかないぁ><
バンドーンは7位入賞なんでヨシとしますかね。

これでセブとハミルトンのポイント差は28ポイント
まだ残り6レースあるとはいえハミルトンが有利になってきたぁ。



2017年F1シンガポールGP決勝結果
1位.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
3位.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
4位.カルロス・サインツ(フォースインディア)
5位.セルジオ・ペレス(フォースインディア)
6位.ジュリオン・パーマー(ルノー)
7位.ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
8位.ランス・ストロール(ウィリアムズ)
9位.ロマン・グロージャン(ハース)
10位.エステバン・オコン(フォースインディア)
タグ:F1
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

GP CAR STORY Spesial Edition Lotus 1977-1979 チャップマンの空力革命 [F1]

GP CAR STORY Spesial Edition新刊は…

「 Lotus 1977-1979 チャップマンの空力革命」

今回はLotus



やっぱこの年代のマシンはカッコいいなぁ。
最近、特にここ数年のマシン(ノーズの先端に例の突起が付くようになってから)はカッコいいとは思わなくなったし。今年はタイヤがデカくなったので少しはマシにはなったけど、やっぱりなぁって。

昔が良かったとは言わないけど、カッコいいF1マシンの復活を望みます(^_^;)


GP CAR STORY Spesial Edition Lotus 1977-1979 チャップマンの空力革命 (サンエイムック)

GP CAR STORY Spesial Edition Lotus 1977-1979 チャップマンの空力革命 (サンエイムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: 雑誌


タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

2017年F1第13戦イタリアGP決勝はハミルトンがポール・トゥ・ウィン! [F1]

2017年F1第13戦イタリアGP決勝はメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン!
2017f1_r13.jpg

実はハミルトンがPPを獲得したって事は、シューミィの68回を上回る通算69回目のPPだったわけで。
シューミィ好きのねじはちょっと悲しかったり><

ポールスタートのハミルトンは完璧なスタート。もう異次元の走り。3位に上がったセブも24秒台を連発して追いつこうとするけど、それよりも速いハミルトン。もうお手上げですね。ボッタスも2位に入る磐石のレース展開。セブが意地の表彰台を獲得したのが見所でしたね。ハミルトンはモンツァで通算3勝目。今季は6勝目でキャリア通算59勝目。

ハミルトンの優勝でドライバーズランキングがついに逆転><
いよいよ王者の逆襲開始…かな。



ドライバーランキング
1位:238ポイント ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位:235ポイント(-3) セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3位:197ポイント(-41) バルテリ・ボッタス(メルセデス)

マクラーレンは…「ノーパワー」><
いつまでこの状況が続くんだ?

F1イタリアGP決勝結果
1位:L.ハミルトン メルセデス
2位:V.ボッタス メルセデス
3位:S.ベッテル フェラーリ
4位:D.リカルド レッドブル
5位:K.ライコネン フェラーリ
6位:E.オコン フォース・インディア
7位:L.ストロール ウィリアムズ
8位:F.マッサ ウィリアムズ
9位:S.ペレス フォース・インディア
10位:M.フェルスタッペン レッドブル 
タグ:F1
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1第12戦ベルギーGP決勝はハミルトンがポール・トゥ・ウィン! [F1]

2017年F1第12戦ベルギーGP決勝は。ハミルトンがポール・トゥ・ウィン
ハミルトンは歴代1位となる68回目のポールポジション獲得してたんですね。ついにシューミィの記録に並ばれた訳なんですが…。シューミィのコメントが聞きたかった。早く復活してくれ!シューミィ><
2位はセバスチャン・ベッテル。3位はリカルドという結果
2017F1_R12.jpg

1回目のピットストップ後からレースは動き出し、ファステスト連発で逃げるハミルトンに追うセブの構図。オコンとペレスの接触後のSC入った後は、ギャップがなくなりリスタート。セブが背後について追い抜きをかけるけど、抜けず。追い抜くかと思ったんですがね~。というか、ハミルトンの集中力は流石。凄いとしか良いようがない。

で、マクラーレン・ホンダ…は、アロンソが「エンジン・プロブレム」とガレージに入ってリタイア。またか…と思っていたけど、レース後のニュースサイトでは、エンジンに問題はなく、アロンソの戦意喪失?との記事。う~ん、ここまでの惨状なら仕方ないかなぁ。でも最後まで走って欲しかった。

アロンソの気持ちはどうなんだろう?

①ウィリアムズとの交渉が纏まった?
②インディに行く決心がついた?
③マクラーレンにエンジン変えろよ(決めろよ)とプレッシャーかけた?
④マクラーレンに早く決断させるために、ホンダにデータ取りなんかさせないぜ!

まさか④はないと思うけど、個人的には何だかんだでアロンソは残留かな?と思ってたけど、今日のリタイヤでそれはないかなと思ってしまった。

まぁ何が起こるか分からないのがF1なので正式な発表を待つ事にしよう。



F1第12戦ベルギーGP決勝結果
1位:L.ハミルトン メルセデス
2位:S.ベッテル フェラーリ
3位:D.リカルド レッドブル
4位:K.ライコネン フェラーリ
5位:V.ボッタス メルセデス
6位:N.ヒュルケンベルグ ルノー
7位:R.グロージャン ハース
8位:F.マッサ ウィリアムズ
9位:E.オコン フォース・インディア
10位:C.サインツ トロロッソ
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年F1第11戦ハンガリーGP決勝はセバスチャン・ベッテルが優勝 [F1]

2017年F1第11戦ハンガリーGP決勝は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝!
2017_hungary.jpg
今季4勝目、通算46勝目

スタート直後、レッドブル勢が同士討ちという大波乱。何をやってるんだ?マックス!!
この最初のアクシデントの後は、抜きどころのないハンガロリンク故、淡々としたレースに(^_^;)

レースは中盤、ピットストップが行われた辺りから面白くなってきた。まずはアロンソ。フェルスタッペンのペナルティー消化とピットストップで6番手にジャンプアップ。終盤はペースが上がらなくなったベッテルに、ライコネン、ボッタス、ハミルトンが連なるという面白い展開。ここで出た。メルセデスのチームオーダー。ハミルトンがボッタスより速く走ることが出来ると判断しチームオーダー発動。でも最終的には抜けず(まぁハンガロリンクだからなぁ)、そのままセブが1位でフィニッシュ。ライコネンが2位に入り第6戦モナコGP以来のフェラーリ1-2フィニッシュ



セブが勝ったハンガリーGPだけど、個人的にはマクラーレン。目標の2台完走Wポイント獲得がようやく達成。ハンガリーGPだから達成できたとも言えなくもないけど、最終ラップでのアロンソのファステスト(これは痺れた)。やっぱアロンソすげーなぁと再認識したレースでしたね。何はともあれ、これでコンストラクターズランキング最下位脱出!取りあえず良かった(志低いけど)。それとハミルトン。きちんとボッタスに順位を返したのは驚きだった。昨年の最終戦の事もあったのでそのままゴールするかと思っていた。でもこれはフェラーリとメルセデスのマシン性能の差を見極めて、このポイント差(14ポイント)だったら逆転可能とみたか…どうなんだろう?

さて、これで20レース中11レースを消化。
3週間の夏休みを挟んで、ベルギーGPから本格的な後半戦。セブが逃げ切れるか?ハミルトンが追いつくか?伏兵ボッタスが大逆転するか?やっぱり今年のF1は面白いなぁ。

ハンガリーGP決勝結果
1位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
3位:バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
4位:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
5位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
7位:カルロス・サインツ(トロロッソ)
8位:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
9位:エステバン・オコン(フォース・インディア)
10位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

イギリスGP決勝はハミルトンがポール・トゥ・ウィン [F1]

2017年F1第10戦イギリスGP決勝はハミルトンがポール・トゥ・ウィン!
2017_silverstone.jpg
今季4勝目で通算57勝目。ハミルトンはイギリスGP4連覇



2位はボッタスが入り、メルセデスの1-2フィニッシュ。フェラーリ勢は終盤(残り3周!)のタイヤトラブルでライコネンは3位、セブは7位。これでセブとハミルトンの差は1。

これは面白くなってきた^^

マクラーレンは、アロンソがトラブル、32周目でリタイア。バンドーンは11位でフィニッシュ
PUも良くはなってきてる感じがするけど上手く行かないですね。

2017年イギリスGP決勝
1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
5位:ダニエル・リチャルド(レッドブル)
6位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
7位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
8位:エステバン・オコン(フォース・インディア)
9位:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
10位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ