So-net無料ブログ作成

F1第5戦スペインGP決勝は、ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! [F1]

2018年F1第5戦スペインGP決勝は、メルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン!
20180513_Spain.jpg
今季2勝目。通算64勝目

速い。古館さん風に言うと異次元の走り
2ストップ作戦を、レッドブル勢に合わせて1ストップ作戦に切り替え、タイヤマネジメントしながらも独走。2位のボッタスに20秒差つけるぐらい、手に負えない速さ。この完勝を見ると、今年もメルセデスかなぁと思ってしまう。

残念だったのが、12番手スタートのピエール・ガスリー。スタートいきなりグロージャンのスピンに巻き込まれてリタイア。予選でクラッシュして最後尾スタートだったハートレーはしぶとく生き残って12位完走(2周遅れだけど)。レース後車停めてたけどトラブルだったのかな?

次はモナコ。好きなコースなので楽しみです。
グリッドガールも復活するし^^



F1第5戦スペインGP決勝結果
1位:L.ハミルトン メルセデス
2位:V.ボッタス メルセデス
3位:M.フェルスタッペン レッドブル
4位:S.ベッテル フェラーリ
5位:D.リカルド レッドブル
6位:K.マグヌッセン ハース 
7位:C.サインツ ルノー 
8位:F.アロンソ マクラーレン 
9位:S.ペレス フォース・インディア 
10位:C.ルクレール ザウバー 
タグ:F1
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1アゼルバイジャンGP決勝はサバイバルレースを生き残ったハミルトンが優勝! [F1]

2018年F1アゼルバイジャンGP決勝は大波乱。まさにサバイバルレースで勝者ハミルトン
2018f1_r4_0429.jpg
今季初勝利!通算63勝目

ここまで大波乱のレースは久し振り。オープニングラップからクラッシュでSC。残り10周で、レッドブル2台の同士討ちでSC。残り5周で解除され、セブはコーナーで抜くためにブレーキを遅らせ勝負に出たけど、失敗。タイヤにフラットスポットを作って脱落。このままトップのボッタスがゴールかと思ったけど、まさかのタイヤバーストし、ハミルトンがゴール。これでハミルトンがランキングトップに返り咲き。いよいよ反撃開始か?と思うんだけど、今回はラッキーだからまだ良く分からないね。

トロロッソ・ホンダ勢は、ピエール・ガスリーがスタート直後の大混乱を上手く利用し7番手までジャンプアップしたけど、その後はずるずる後退し12位フィニッシュ。ブレンドン・ハートレーは最後のリスタートで順位を挙げ10位フィニッシュ。サバイバルレースになったので、もう少し上手く立ち回って順位を上げて欲しかったと思わなくもないけど、2台とも完走だし、最低限かな。ハートレーはポイント持ち帰ったし。

次はスペインGP。ヨーロッパラウンドが始まり、いよいよ2018年シーズンも本格化ですね。いやぁ楽しみ^^



F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝結果
1位:L.ハミルトン メルセデス
2位:K.ライコネン フェラーリ
3位:S.ペレス フォース・インディア
4位:S.ベッテル フェラーリ
5位:C.サインツ ルノー
6位:C.ルクレール ザウバー
7位:F.アロンソ マクラーレン
8位:L.ストロール ウィリアムズ
9位:S.バンドーン マクラーレン
10位:B.ハートレー トロロッソ
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1中国GPは、レッドブルのリカルドが今季初優勝!! [F1]

2018年F1第3戦中国GP決勝はダニエル・リカルド逆転勝利!
2018F1_china.jpg
表彰台でシューイ(^_^;)

序盤は、ポールポジションスタートのセブと、3番グリッドスタートで2位に上ったボッタスの一騎打ちな感じだったけど、トロロッソの同士討ち(泣)で、コース上に散らばったマシンの破片を排除するために入ったSCで状況が一変。SC導入と同時に2回目のタイヤ交換をし、フレッシュタイヤでオーバーテイク連発で、45周目にはトップに浮上。トップ浮上後もファステスト連発で、最後はクルージング。まさに大逆転。

しかしセブはなぁ。開幕3連勝したドライバーは王者になるってデータがあったんだけどなぁ。
1回目のピットストップでボッタスに先行され、フェルスタッペンと接触し、ずるずる後退。それでもポイントは獲得したので、最悪の週末ではなかったかな(リタイヤよりはマシってことで)。

しっかし、アロンソ。3戦入賞は見事。直線スピードは厳しいはずなのに7位入賞。やっぱ上手い
トロロッソは何やってんだよって。でもコース毎でマシンの良し悪しがでるのが分かりましたね。次のアゼルバイジャンはどっちに転ぶのか。3強以外はレース毎に順位が入れ替わりそうで、見てるほうは面白いシーズンになりそうです^^



F1中国GP 決勝結果
1位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
2位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
5位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
7位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
8位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
9位:カルロス・サインツ(ルノー)
10位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2018年F1第2戦バーレーンGP決勝はベッテル連勝!! [F1]

2018年F1第2戦バーレーンGP決勝はフェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝。
f1_bahrain_gp_2018.jpg
今季2勝目、通算49勝目。

見応えがあった。残り3周でのセブVSボッタスのバトル。抜けるか?と思ったけど、そこは流石の4冠王者。抜かせなかったですね。限界のタイヤであの走行とは…

そしてトロロッソホンダ。ピエール・ガスリーが4位入賞!!今季初ポイント獲得。表彰台は惜しくも逃したけど、2015年にF1復帰以来、ホンダにとっての最高位。これは嬉しい^^
レッドブル2台とキミのリタイヤというラッキーもあったけど、運も実力のうち。
ハートレーは残念だったけど、完走したのでヨシとしよう。開幕戦の悲惨な状況に比べたら、何と言うV字回復(笑)。この勢いで上海でも暴れて欲しい!!



決勝結果
優勝:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位:バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
3位:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
4位:ピエール・ガスリー(トロロッソ)
5位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
6位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
7位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
8位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
9位:マーカス・エリクソン(ザウバー)
10位:エステバン・オコン(フォース・インディア)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2018年開幕戦オーストラリアGP優勝は、ベッテル! [F1]

2018年F1開幕戦オーストラリアGP決勝は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2年連続優勝!自身100回目の表彰台を獲得!!
2018_R1.jpg
おめでとう!セブ!!でも思わぬ逆転と言うべき?
バーチャルセーフティーカーが導入されたタイミングでのピットインがうまくいきハミルトンを逆転。あとは最後までトップを譲らずチェッカー…と言うより、ハミルトンが2位狙いにしたのかな?

しかしリタイアしたとは言え、ハースは速そう。これは今シーズン、台風の目になるかも?そしてマクラーレン。テストは散々だったけど、アロンソ5位バンドーン9位は流石です。逆にテストは好調だったトロロッソは不発…う~ん、残念!!

でもシーズンは始まったばかり、期待してるよ、ホンダ!
いや~、今シーズンは開幕戦からワクワク。次戦バーレーンGPも楽しみだ!!



■決勝トップ10ドライバー(暫定)
優勝:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
5位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
6位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
7位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
8位:バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
9位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
10位:カルロス・サインツ(ルノー)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

GP CAR STORY Vol.23 Arrows A18 [F1]

GP CAR STORYの新刊は
A18.jpg
Arrows A18

超進化
開幕戦あわやの予選落ち危機も“ジャパンパワー"を後ろ盾に最終戦で前代未聞のポールポジション争い!!“新しい力"の終結で飛躍した万年中団チームの光と影
YAMAHAのプライド 超軽量化新世代エンジンの先見性を木村隆昭が語る

インタビュー
フランク・ダー二―&ジョン・バーナード
新旧デザイナーが語るA18の開発とウォーキンショーの闇
浜島裕英「ブリヂストンとしてはまだ勝つタイミングではなかった」(内容紹介より)

初めて知るエピソード盛り沢山で相変わらず読ませてくれる本シリーズ。今回は「Arrows A18」
まともに走らなかったマシンが段々と改良を重ね、ついには優勝という所まで行ったマシン。この頃のF1はドラマがあるよなぁ。まぁこの時は色々噂もあったけど(^_^;)

しかしウォーキンショーの言葉「2位は負けたヤツの1位だぞ」は凄い言葉だ。色んな意味で(^_^;)

次はB194。これも楽しみです


GP CAR STORY Vol.23 Arrows A18 (サンエイムック)

GP CAR STORY Vol.23 Arrows A18 (サンエイムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2018/03/16
  • メディア: ムック



GP Car Story Vol.23

GP Car Story Vol.23

  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2018/03/16
  • メディア: Kindle版





タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

F1 2018年シーズンの新車発表~その4 [F1]

さて残り2チーム

フォース・インディア
2018_vjm11.jpg
VJM11

トロロッソ、ホンダ
2018_str13.jpg
STR13

期待してます。トロロッソ
でもエンジン供給先が決まったのが遅かったので、今年のレギュレーションに合うようなマシンなんだろうな。時間がなかったんで仕方ないかな。でも第1回目のテストは順調に走行距離を稼いでるんでそこそこ走ってくれるかなと。でも今年は21戦でエンジン3基なんだよなぁ。ホント、これやめて欲しい。耐久レースじゃないんだから。

グリッドガールよりエンジン制限を廃止して欲しかったよ(^_^;)
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1 2018年シーズンの新車発表~その3 [F1]

いよいよ主役の登場です

メルセデス対抗馬のフェラーリ
2018_SF-71H.jpg
SF-71H

フェラーリの新車はいつも型番で?になるんですが、今年のSF-71Hって何でしょうね。スクーデリア・フェラーリは分かるんですが71Hは?…それはさておき。今年のマシンは昨年型の正常進化っぽいですね。期待しちゃいます。今年こそ、セブがライコネン(2007年)以来のフェラーリドライバーのワールドチャンピオンを獲得するのを期待しますよ。

さて王者メルセデス
2018_w09.jpg
W09 EQ Power+

何だか、長ったらしい名称ですが、相変わらず美しくカッコいい。これも昨年型の正常進化っぽい。(この画像じゃ分かりませんが)ノーズはさらに細くなった感じがする。今年も独走かなぁ~。

さてシャーシはトップクラス(らしい)のマクラーレンの新車
MCL33_2018.jpg
MCL33

個人的には型番はMCLじゃなくMPが良かったんですが、新車はなかなかカッコいいかな。カラーリングは何故そこに青を持ってきた?って感じなんだけど。まだプレーンな感じなので開幕戦までに色々改修されてくるんだろうな。

来週のテストが楽しみですね
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1 2018年シーズンの新車発表~その2 [F1]

続々と2018年マシンが発表されまてます

今年、個人的に期待しているレッドブル
2018_rb14.jpg
RB14
カラーリングがメチャクチャカッコいい^^
でもレッドブルのマシンにしてはちょっと攻撃的じゃないなぁって。まだ何か隠し球を持ってそうな気がする。

ルノー
2018_rs18.jpg
RS18
黒の面積が多くなったなぁってのが第一印象。パッと見、昨年のマシンとあんまり変わらないような気もするけど、後方部分とか変わってるみたいだし、サイドポンツーンなんかグッとえぐれてるような気がする。

ザウバー
2018_c37.jpg
C37

アルファロメオの赤がカッコいい。
でもちょっとウイリアムズと見間違えそうな気もしなくもないなぁ(^_^;)
サイドポンツーン入り口がちょっと違うのが気になりますなぁ

さて、いよいよフェラーリとマクラーレンとトロロッソ。どんなマシンになってるのか楽しみですね
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1速報別冊 F1メカニズム最前線 2018 [F1]

シーズンオフのこの時期、こういう特集本はありがたい^^

F1速報別冊 F1メカニズム最前線 2018

買って来ました。
内容は悪くなく、こんなものかなと。なかなか面白く読めましたね。新車発表も始まってきたし、いよいよ2018年シーズン開幕ももうすぐ。

あぁ、楽しみだ!!

内容紹介より
最新F1マシンのテクノロジーと進化を解き明かす

ホンダF1パワーユニット3年間のトライ&エラーとスペック3.8までの進化

現代F1をより深く理解するための新語解説
最先端の“コト"と“モノ"

セクタータイム&コーナー通過速度が物語る
現代F1史上最速の証明

2018年最大の課題
ハロを克服せよ

津川哲夫が選んだ
F1を変革した傑作マシン&アイデア

2017 F1マシン 年間アップデート全記録


F1速報別冊 F1メカニズム最前線 2018 (ニューズムック)

F1速報別冊 F1メカニズム最前線 2018 (ニューズムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2018/02/15
  • メディア: ムック





タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: