So-net無料ブログ作成

週刊ベースボール 2018年 2/12・19合併号 [本]

週刊ベースボール最新号買ってきました

今週号は「世代特集&背番号特集」

巻頭特集は「世代特集」

やっぱり大谷世代からスタート。1994年はゴールデン世代と言うらしい。

その後続く○○世代の表記。マー君やマエケンの1988年はブラチナ世代。菅野ら1989年はダイヤモンド世代。まぁここまでは良いとして、1991年はインテリスター世代。1993年はエメラルド世代。1984年はクール&スマート世代

こんな呼び方してたの?知らなかったです。
特に1984年のクール&スマート世代って…(^_^;)

今週号も楽しませて貰いました。次はいよいよ選手年鑑。これが発売されると今年も始まるなぁという気になりますね^^

[特集1]
現役「最強世代」を探せ! いま最も強い世代はどこだ! ?
世界一に挑む大谷翔平がけん引~1994年ゴールデン世代
マー君&マエケンがフロントランナー~1988年プラチナ世代
タナキクマル&菅野智之が躍動する~1989年ダイヤモンド世代
隠れたタレントの宝庫~1992年ジャンプアップ世代
[インタビュー]
1992年生まれのホープ
源田壮亮(西武)「同級生はみんなすごい! 」
岐路に立つ「松坂世代」のいま
[特集2]
12球団背番号物語
平成年代背番号変遷図つき


週刊ベースボール 2018年 2/12・19合併号

週刊ベースボール 2018年 2/12・19合併号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2018/01/31
  • メディア: 雑誌



週刊ベースボール 2018年 02/19号 [雑誌]

週刊ベースボール 2018年 02/19号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2018/01/31
  • メディア: Kindle版





タグ:
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「モデルグラフィックス」 2018年 03 月号 [本]

買って来ました「モデルグラフィックス 2018年 03 月号」

今号の特集は表紙の通りガンダム


普通に考えたら、HJ誌みたいにPGエクシア特集なんだろうけど、そこはMG誌。HJ誌と同じガンダムだけどRX-78を特集に持ってきた。こういったテレ東みたいな(笑)MG誌の姿勢は好きだなぁ。だから30年以上も買い続けてるんだけどね。



で、驚いたのがMG200体目が「ディープストライカー」って事。HJ誌は1頁だったけど、やはりMG誌は見開き2頁(当然か)

MG誌は2個買い推奨だけど、2万はそうそう出せないから1個で我慢かなぁ(^_^;)

でも、ここでディープストライカーが来たってことは、Sガンver.2が来るな、これは^^


モデルグラフィックス 2018年 03 月号 [雑誌]

モデルグラフィックス 2018年 03 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2018/01/25
  • メディア: 雑誌





タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ダークゾーン」 [本]

書店で文庫本を見かけ、「確か買ったよなぁ」と(^_^;)

ダークゾーン

「神の仕掛けか、悪魔の所業か。地獄のバトルが今、始まる!戦え。戦い続けろ。1997年日本ホラー小説大賞、2005年日本推理作家協会賞長編賞、2008年日本SF大賞、2010年第1回山田風太郎賞 各賞撃破!エンターテインメント界の鬼才が贈る最新長編!(内容紹介より)」

個人的は今まで読んできた貴志 作品の中でも結構面白かったほうかな。
最初、え?将棋?と思って読み始めたら、なるほどそう来るか!と。最後のオチがちょっといただけなかったけど、満足度高し。

あぁ、また軍艦島に行きたくなった^^
映像化して欲しいなぁ。


ダークゾーン

ダークゾーン

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2011/02/11
  • メディア: 単行本



ダークゾーン 上 (角川文庫)

ダークゾーン 上 (角川文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/12/21
  • メディア: 文庫



ダークゾーン 下 (角川文庫)

ダークゾーン 下 (角川文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/12/21
  • メディア: 文庫


タグ:
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

「狼の紋章【エンブレム】」 [本]

書店で見かけて、嬉しくなって(笑)、思わず購入です^^

狼の紋章【エンブレム】

言わずと知れた平井和正先生の作品。懐かしい。大昔に読んだよなぁ(^_^;)
しかもこのハヤカワ版は紋章はエンブレムとルビが復活している。そうなんよ、昔に読んだ時(どこの出版社かは忘れたけど)にはエンブレムとあって、それが物凄く印象に残っていた。その後、買ったのには無くなってて…。なので今回の復活は、個人的に嬉しいなと^^

内容は「“悪徳学園”と称される東京の一私立中学校に、ある日転校してきた奇妙な少年―驚くべき強靱な肉体を持ちながらも、どこか暗い虚無の影を宿した彼、犬神明の行くところ、次々と怪異な事件がまき起こる。学園に巣食う、悪辣きわまりなき非行少年たちとの凄惨な対決!だが、ナイフで刺され、拳銃に撃たれようとも“死”を知らぬ彼の正体に、女教師の青鹿晶子は魅せられていくが…伝説のベストセラー“ウルフガイ”第1弾。」

もうね、今読んでも面白い。やっぱ面白い作品はいつ読んでも面白いですね^^

あ、モチロン「狼の怨歌」も買いましたよ



狼の紋章【エンブレム】〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

狼の紋章【エンブレム】〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 平井 和正
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: 新書



狼の怨歌【レクイエム】〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

狼の怨歌【レクイエム】〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 平井 和正
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: 新書



狼の紋章 ウルフガイ・シリーズ (NON NOVEL)

狼の紋章 ウルフガイ・シリーズ (NON NOVEL)

  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 1975/06/20
  • メディア: Kindle版


タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

週刊ベースボール 2018年 1/22 号 [本]

週刊ベースボール最新号は

追悼 星野仙一

巻頭で星野さんの特集です。

選手時代、中日、阪神、楽天の監督時代を振り返っています。
ホント、急だったんで紙面もちょっと少ない。これは後日、別冊で星野本を出版して欲しいですね。

第2特集は12球団ポジション別 攻守走「格付け」

今週もなかなか面白い…つーか、早く野球始まんないかなぁ~。

(内容紹介)
[緊急特別企画]
闘将、逝く
追悼星野仙一 野球を愛し野球に愛された男
新春スペシャルインタビュー
小林誠司(巨人)捕手の一分
データで検証
12球団ポジション別 攻守走「格付け」

連載 球界リレートーク
糸原健斗(阪神)<
タイトルホルダーインタビュー
セ捕手ベストナイン
會澤翼(広島)
惜別球人
新井良太(阪神)
選手コラム
則本昂大(楽天)最終回
連載/My Private Time
成田翔(ロッテ)ふるさと紀行 秋田商高


週刊ベースボール 2018年 1/22 号 [雑誌]

週刊ベースボール 2018年 1/22 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: 雑誌



週刊ベースボール 2018年 01/22号 [雑誌]

週刊ベースボール 2018年 01/22号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: Kindle版





タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

Number943号 日本代表 逆襲の秘策。 [本]

Number943号は日本代表特集

「日本代表 逆襲の秘策」



定番企画の本大会完全シミュレーション
福西さんの予想は…

6月が楽しみですね^^

内容紹介
ロシアW杯対戦国徹底研究
日本代表 逆襲の秘策。

「彼を知り己を知れば百戦危うからず」と言う。逆風にさらされる我らが代表の胸に、グループHを突破する秘策はありやなしや。代表戦士、指揮官、それぞれの想いに、また強敵たちの情勢に迫る徹底特集。いざ決戦の年へ――W杯の借りはW杯で返す!





Number(ナンバー)943号[雑誌]

Number(ナンバー)943号[雑誌]

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/01/04
  • メディア: Kindle版





タグ:
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「マジンガーZ 大解剖」 [本]

買ってしまったよ

マジンガーZ 大解剖

イラストギャラリーに豪ちゃんインタビュー、マジンガー、グレートにグレンダイザーと所謂「マジンガー三部作」の紹介と安定の大解剖シリーズ。




もちろん、INFINITYの特集あります。

これ、はよ見たいなぁ(*´∇`)



もう少し、突っ込んだ記事も欲しかったけど、マジンガーの復習には持ってこいですね。値段も手頃だし(これ大事)

内容紹介
永井豪&ダイナミックプロ監修
マジンガーZ放送45周年/永井豪画業50周年 W記念
スペシャルインタビュー:永井 豪

無敵の魔神 鉄の城
お前は神にも悪魔にもなれる

ロボットアニメの金字塔 スーパーロボットの起源
アニメ版「マジンガーZ」

超プレミア! マニア垂涎 お宝グッズコレクション

夢の競演!!
マジンガーZとグレートマジンガー オールカラーで掲載!!
「ダブルマジンガー出動」

特集 劇場版
マジンガーZ INFINITY

マンガ版マジンガー三部作
「マジンガーZ」
「グレートマジンガー」
「UFOロボ グレンダイザー」


マジンガーZ 大解剖 (サンエイムック)

マジンガーZ 大解剖 (サンエイムック)

  • 作者: ダイナミックプロ
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2018/01/05
  • メディア: ムック





タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

別冊映画秘宝「ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界」 [本]

何度読んでも素晴らしい^^

「別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界」

「☆永久保存版! リドリー・スコットが生んだ、大傑作近未来SFノワールの世界観がすべてわかる! 2日でじゅうぶんですよ! ブレラン・ロケ地探訪! /スピナー大図解! /独占INTERVIEWS! 檜垣紀六、林完治、「強力わかもと」ゲイシャ・ガール/川又千秋、高橋ヨシキ、添野知生の『ブレードランナー』考/世界初! ドゥニ・ヴィルヌーヴ論/大森望のフィリップ・K・ディック映画の世界/DEEP ウルトラ・マニアック・ブレラン・トリビア! (内容紹介より)」

濃い。濃いですなぁ。巻頭のブラスター話なんてね^^
それに、後半に掲載されてる「ブレードランナー究極試写版設計図」はもう究極のブレランマニア企画。ブレラン5バージョンと未公開シーンを組み合わせて、究極のブレランを作ろうという企画。成程成程とニヤつくこと間違いなし(笑)。嫌いじゃないぜ、こういうの。

次は「2049」のソフト発売の時に「2049」も追加した完全版を期待したいですね。


別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

  • 作者: 中子真治
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/10/26
  • メディア: ムック








タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

グレートメカニックG 2017WINTER [本]

4ヶ月に1回の楽しみ

グレートメカニックG 2017WINTER

表紙のvガンダムがかっこええ^^

今回の特集はこれ!

逆襲のシャア

なんと来年で30周年(!)らしい。マジか!もうそんなにたったのか。年取るわけだよなぁ(^_^;)
逆シャアの記事で開始6分の解説が載ってたけど、確かに「逆シャア」の冒頭の情報量の多さは半端ないんですよね。この記事読んだ後、もう一回見直したけど、成程なぁと。やっぱ富野監督スゲーや^^

後は全部入りBD-BOXの発売が控えてる「ガンダムOO」に「サンダーボルト」等々。相変わらずディープな内容で今回も楽しませてもらいました^^

惜しむらくは年4回の刊行ってことかな。


グレートメカニックG 2017WINTER (双葉社MOOK)

グレートメカニックG 2017WINTER (双葉社MOOK)

  • 作者: 双葉社
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2017/12/18
  • メディア: ムック





タグ:
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

「アルスラーン戦記」 16巻 [本]

本当に出てしまっていた(^_^;)

天涯無限

アルスラーン戦記完結編です。

「中世ペルシアによく似た異世界の英雄物語―。周囲を難敵に包囲され、パルス国は絶体絶命の窮地に追い込まれた。解放王アルスラーンはシンドゥラのラジェンドラ王とのある交渉をジャスワントに委ねる。その頃、パルス国内では、先王アンドラゴラスが生きているという流言が広がり始めていた。新マルヤム国王ギスカールと手を結んだヒルメス、魔将軍イルテリシュに率いられたチュルク軍、孔雀姫フィトナを押し立てたミスル軍、そしてついに復活した蛇王ザッハークと魔軍!!パルス軍に打つ手はあるのか?蛇王ザッハークを討つことができるのか!?伝説的ベストセラー、堂々完結。(内容紹介より)」

まさか本当に完結するとは…

先週末で読破しました。感想は…「皆殺しの田中、健在」って感じですかね。悪くはないと思うんだけど、ちょっと急ぎすぎかな。無理に16巻で完結させなくて(色々事情もあったでしょうけど)、20巻ぐらいまで続いて欲しかったかな。14巻頃から展開が速くなりすぎて、なんだか完結に向けてキャラ整理してます!的でちょっと嫌だったかなぁと。それでもラストは割りと好き。当初の予定通りのラストかは分からないけど(ラストが変わっていたって何かで読んだ気もするし。あれはタイタニアについてだったかな?)、割と好き。

色々言いたいこともあるけど、ちゃんと完結させてくれた事に感謝です。

田中先生お疲れ様でした。


天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

  • 作者: 田中芳樹
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)








タグ:
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ: