So-net無料ブログ作成
検索選択
ガンダム ブログトップ
前の10件 | -

「機動戦士Zガンダム Define」12巻 [ガンダム]

新刊が出るたびに(読み終えたたびに)、もう止めようもう止めようと思いながらも(笑)、買い続けてしまう(^_^;)

機動戦士Zガンダム Define

「地球圏へと向かうアクシズの中でハマーンに何が起こったのか? 前作CDAからZガンダムDefineを繋ぐ、ハマーンの章がここに!(内容紹介より)」

過去編です。

originでもありましたね、過去編。originはシャア、セイラの過去を描き、北爪Zはハマーン様の過去を描いてます。


裏表紙を見ても分かるように、あの人やあの人が登場してます。ZZキャラが登場して「おおっ」と思うんですが、CDAのキャラが乱入してる(多分。良く覚えてないけど多分そう)から訳が判らんことになってる。自作品のキャラを出すのは良いんだけど、何というか…ねえ。初めて読む人には「???」じゃないのかなぁとか思うんだけど(この人知りたきゃ、CDA読めってことかな)。それにハマーン様はシャアと共に歩むことをやめてアクシズ(ミネバ様)と歩むことを選択したのは周知の事実。originの過去編のように(文字設定だけだった)サスロが登場して「おおっ」と思うのがないのよね。CDAありきの展開なんで特に思うのかなぁ(CDAは公式でもないし)。ハマーン様も頑張ってるのは分かるけど、キラキラ瞳のハマーン様だからねぇ…ってこれに関しては絵柄の好みの問題か(^_^ゞ

でもアクシズ参戦の前にハマーン様の過去編を持ってきたのは良いかな。シャアとの絡みに深みが出る(はず)だし。

何だかんだで次も買ってしまうだろうけど、楽しみにしてよう。途中で終わらないと良いけど。





機動戦士Zガンダム Define(12) (角川コミックス・エース)

機動戦士Zガンダム Define(12) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: Kindle版





タグ:ガンダム

「モビルスーツ全集12  専用機モビルスーツBOOK」 [ガンダム]

何だかんだで12冊目

「モビルスーツ全集12  専用機モビルスーツBOOK

書店で見た時は「1冊まるまるシャア?」と思ったけど、1冊まるまる専用機。グレメカの再録もあるけど、相変わらずの面白さ。こういうの大好物なんでこれからも続いて欲しいなぁと。値段もリーズナブルだし。

後はMS(ガンダム)以外でもグレメカでは特集あるんで、それを纏めて欲しいなぁと。
最近だと2199と2202なんかかな。個人的にはバイファムやエルガイム、ザブングル、ボトムズ等々の80年代日本サンライズ作品が欲しいなぁと思うのです。







タグ:ガンダム

「GHL」010 [ガンダム]

もう出ないだろうと思ってた(^^ゞ

GHL
買ってきました。

010号はガンダム開発計画」特集

表紙のステイメンから分かるように今回は0083特集。何故、今0083なのかは置いといて、内容的に1800円は高いかなと思わなくもない。正直、GPシリーズはもうやりきった感があって、インパクトに欠けるかな。作例自体も(当たり前だけど)真新しいものはないし。0083特集とはいえガンダムタイプしかない(FZザクもあるけどジオラマだし)のもマイナスポイントかな・・・て言うか作例を見て「よし。作ってみるか」とは思わないんですよね。ちょっと真似できないというか。HJ誌で言うところの徹底改修作例ばかりで。HJ誌みたいにちょっと手を加えたらここまでカッコよくなるよ・・・みたいな作例があれば・・・ステイメンの作例からして真似できないよってレベルだし(^^ゞ

まぁ水転写デカールと「MAX渡辺と鳥山とりを師弟対決!」のMAXさんの小田ジオング再現は「おぉ!」とは思ったけどね。

それでもデカール目的に買うには・・・やっぱり高いかなぁ(^^ゞ


ガンダムホビーライフ 010 (電撃ムックシリーズ)

ガンダムホビーライフ 010 (電撃ムックシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/15
  • メディア: ムック



ガンダムホビーライフ 009 (電撃ムックシリーズ)

ガンダムホビーライフ 009 (電撃ムックシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016/06/28
  • メディア: ムック



ガンダムホビーライフ 008 (電撃ムックシリーズ)

ガンダムホビーライフ 008 (電撃ムックシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016/01/25
  • メディア: ムック


タグ:ガンダム

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」9巻 [ガンダム]


サンダーボルト」9巻

帯の「アトラス、起動。」が妙にカッコイイ。

あらすじは「一年戦争」におけるサンダーボルト宙域での激戦を生き延びたイオ・フレミングとダリル・ローレンツ二人の宿命は、翌0080年「地球」へと持ち越された。カルト教団「南洋同盟」によって
奪われた「リユース・P・デバイス」奪還のため水上都市リグに潜入したダリルは、教祖レヴァン・フウの声を聴き、心を揺さぶられる。一方、連邦軍は南洋同盟によって密かに集められているサイコ・ザクのパイロット候補生を一網打尽にすべく揚陸艦「スパルタン」でリグを強襲。大規模な掃討作戦が始まった(裏表紙より)」

今回も良いね。お話は「強襲揚陸艦スパルタン」が水上都市リグに現れた所からスタート。今回は水中戦。「おぉ!」と思うシーンばかり。アニメを見返したばかりだったので戦闘シーンはあのジャズが脳内で流れてた(笑)。

あぁ早く続きが読みたい。。

あ、当然限定版も買ってますよ(^^ゞ


ホント、立体モノが欲しくなる作品。
時間ないので最近ガンプラ買ってないけど、買ってみるかなぁ


機動戦士ガンダム サンダーボルト 9 (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダム サンダーボルト 9 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 太田垣 康男
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/01/30
  • メディア: コミック



機動戦士ガンダム サンダーボルト 9 ペーパークラフト付き限定版 (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダム サンダーボルト 9 ペーパークラフト付き限定版 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 太田垣 康男
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/01/30
  • メディア: 単行本


タグ:ガンダム

今度は「機動戦士ガンダム シャアの万年筆」 [ガンダム]

今度はシャア
char20170131_1.jpg
機動戦士ガンダム シャアの万年筆

プレミアムバンダイ」でシャア・アズナブル仕様の万年筆「機動戦士ガンダム シャアの万年筆」が出る!
予約開始は1月31日13時。

価格は23,760円、発送開始は2017年5月

char20170131_2.jpg
本体は当然金色でシャアのパーソナルエンブレムありで、何ともカッコいい

欲しいけど、万年筆は使わないしなぁ(^^ゞ

商品DATA
商品名:機動戦士ガンダム シャアの万年筆
価格:23,760円(税込)(送料・手数料別途)
セット内容:万年筆 1本、ブロッターカード1枚、インクカートリッジ(ブラック)1本、ケース1個
商品サイズ:万年筆/全長139.5×最大径15.4mm
商品素材:本体軸/AS樹脂 ペン先/14金 ペン芯/ABS樹脂
リング/真鍮、 クリップ/ベリリウム銅
生産国:日本

機動戦士ガンダム シャアの万年筆(プレミアムバンダイ)
タグ:ガンダム

ガチャの「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」がなんか凄い [ガンダム]

カプセルフィギュア「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」が何気に気になる。

なんでもカプセルに入ってなくて、そのまま出てきて変形みたい
10291808_58146721f098e.jpg
(画は拾い)
ラインナップは「MS-06S シャア専用ザク II」「MS-06F 量産型ザク II」「MS-06R-1A 高機動型ザク II(黒い三連星機)」の全3種。

幅約100mm、全高約65mmってどれくらいのサイズはなるんだろうか?
結構、出来が良さそうなんで、これから胸像とか作るモデラーが出てきそうだ(^_^;)

発売は2月中旬。価格は1回500円(税込)

ちょっとガチャってみるかな(^_^;)

サイト
タグ:ガンダム

「RE:0096 メカニック・コンプリートブック」 [ガンダム]

買ってきた

RE:0096 メカニック・コンプリートブック

これは、グレメカ記事の再構成のUCメカニック&ワールド全巻の更に再構成&新規原稿で構成された本(ややこしい)なので、殆どが今まで目に触れた記事ばかり。それでも楽しめるのがガンダム本の良いところ…だけど、読みながら「そういや、UCは最後まで見てないなぁ」と今更ながら気付いてしまった(^_^ゞ

TVの0096も途中まで見るの脱落してしまったし、またチャレンジしてみるか…ってそういや「RE:0096」ってソフト化するんだろうか。


「機動戦士ガンダムUC RE:0096 メカニック・コンプリートブック (双葉社MOOK)

「機動戦士ガンダムUC RE:0096 メカニック・コンプリートブック (双葉社MOOK)

  • 作者: 双葉社
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/10/18
  • メディア: ムック


タグ:ガンダム

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話「新しい血」 [ガンダム]

ついに始まりましたね。ガン鉄2期
第2期第1話ではなく第26話「新しい血

墓石の前でミカとオルガが語るシーンからスタート。どうやら鉄華団は傘下組織から直系組織に昇格するよう。
でもオルガ、葬式に乗り気じゃなかった筈なのに墓石は作るようになったのか。何か感慨深い

新人が結構入ってる鉄華団
tekketsu26_1.jpg
ミカは新人から産廃呼ばわり。あぁ無知ほど恐ろしいものはないってことだね(^_^;)

シノは教育係
tekketsu26_2.jpg
新人にスパルタしてる

オルガはちゃんと管理職してた。鉄華団が会社となってる。オルガが事務方やってるのはビスケットがいなくなったからなんだよなぁと思うと泣けてくる
tekketsu26_3.jpg
経理のオジサンとあのお姉さん、そのまま残ってくれて何よりです(笑)
メルビットさんは2期でこそオルガと・・・あるのかな。ちょっと期待です(^_^;)

バルバドスとグシオンは名瀬の兄貴のところで改修中
tekketsu26_4.jpg

tekketsu26_5.jpg
クーデリア嬢様も頑張ってました。

tekketsu26_6.jpg
クッキークラッカーは学校に行けるようになってた。よかったなぁ、ビスケット><

鉄華団に新たな仕事が入り・・・どうやらアドモス商会(クーデリア嬢様の会社)の採掘現場視察の護衛みたい・・・つまりはクーデリア嬢様の護衛ってことですね。ま、そこで何も無いわけもなく「夜明けの地平線団」という組織が強襲。モビルワーカー隊で応戦するが、敵はMSを投入。ミカは?・・・いない。でもシノ隊がなんとか応戦するけど増援部隊到着。そこで・・・

ミカ起動
tekketsu26_7.jpg
やっぱバルバドスに接続すると右手と目は復活するのかぁ。これは話が進むにつれて(最終的には)身体機能全部持っていかれそうな気がする。

そしてバルバドス登場
tekketsu26_8.jpg
第1期の地面からドーンに対比して、2期では空からドーン。

カッコエー!!

いやぁ面白かった。しかし情報量が多かった。しかもテンポも良いしこのまま最後まで突っ走って欲しい(気が早い?)。1期の中盤のようなグダグダ感は勘弁なんで(^_^;)

日曜夕方の楽しみが出来ましたよ。来週も見よう





機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 2 (特装限定版) [Blu-ray]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 2 (特装限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 [DVD]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD





タグ:ガンダム

明日から「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2期が始まりますね。 [ガンダム]

この特報から半年
2nd.jpg
明日、10月2日(日)から「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2期がようやく始まりますね。

楽しみです。

円盤を最初から見返し、先週のスペシャル特番もチェック・・・する必要なかったですが、これは(^_^;)

orphans2.jpg

グレメカの特集でも「2期は機体数も多く、敵も大規模」とか「毎話戦闘というより、戦闘の継続する話が長くなるし、何話かは連続して戦闘しているエピソードも出てくる」やらで期待値も上がってくるけど、「鉄華団はきれいごとだけではすまされないことをやってのしあがってきたから、相応の代償はある」ってことで、1期のハッピーエンドっぽいラストじゃないんだろうな、2期は。全体的に暗い話になるんでしょうね。

まさか1期の中盤みたいなグダグダ展開をやって3期もあるよってことは・・・ないよね


タグ:ガンダム

「超級! 機動武闘伝Gガンダム 最終決戦編」 [ガンダム]

買ってきた!


超級! 機動武闘伝Gガンダム 最終決戦編

Gガン、2冊同時発売で攻めてくるけど、個人的には1冊発売で間隔を開けないで欲しいけど・・・まぁ熱い展開なので一気読みしないといけないだろ!ってことで納得する。で、今回はこの2巻

「ありがとう、ドモン」

「さらば師匠!マスターアジア、暁に死す!!」

帯で中身が分かってしまう、潔さ(^_^;)
まぁ買い続けてる人は話知ってるわけだから問題ないか。

3巻の終盤で、いよいよGガンダムVSデビルコロニーとの最終決戦のゴング。流石にガンダム連合大集合の中にあのガンダムやらそのガンダムは居なかったなぁ(笑)

あと何冊かは分からないけど、次も楽しみです
しかしホント熱い。北爪Zもこんな感じで描いてくれてたらなぁ~とつくづく思うよ





超級! 機動武闘伝Gガンダム 最終決戦編 (3) (カドカワコミックス・エース)

超級! 機動武闘伝Gガンダム 最終決戦編 (3) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: 島本 和彦
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/21
  • メディア: コミック





タグ:ガンダム
前の10件 | - ガンダム ブログトップ