So-net無料ブログ作成
検索選択
TV、映画 ブログトップ
前の10件 | -

ハリウッド版「GODZILLA」続編が撮影開始! [TV、映画]

「米レジェンダリー・ピクチャーズが6月19日(現地時間)、2014年の大ヒット作「GODZILLA ゴジラ」の続編「ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ(原題)」の撮影を米アトランタで開始したと発表した」

楽しみですね。

巨大生物に関する調査や研究を行う秘密機関モナーク(MONARCH)のメンバーが、ゴジラをはじめ、ゴジラと激突するモスラ、ラドン、キングギドラの巨大モンスター集団に立ち向かうというストーリーだそうで、前作では出番の少なかったゴジラが今作では大暴れしそうですね…というかコングのラストのアレは?って気もしますけど。

全米公開は2019年3月。

そして2020年は「コングvsゴジラ」。特撮ファンとしてはたまらない数年が続きそうです。
この勢いで(シンゴジラの続編じゃない)日本製ゴジラも。

そして真打ガメラの復活を待ってます
タグ:TV、映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

実写版「ジョジョ」新予告編でスタンド登場!なんだけど(^_^;) [TV、映画]

この夏期待(?)の超大作
main.jpg
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」

新予告編でついにスタンド登場!
しかし、やはりこうなるのか(スタンド、はっきりしないし)…なんともな感じだけど、脇が頑張ってる(ような)ので観れない作品という訳ではないかなと思わなくもいない。でも観に行くのかというと…ではあるけど(^_^;)



公開日は8月4日。後悔日にならないと良いけど。
つかスパイディやTF5の公開にぶつけてくるなんて…
タグ:TV、映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「メッセージ」観た [TV、映画]

ローガンの試写会の前日に観て来ました。



あらすじは「巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。(シネマトゥデイより)」

原作はテッド・チャンの短編小説あなたの人生の物語
原作は未読なので新鮮な気持ちで鑑賞です

ある日、ハッピーターン型宇宙船がやってくるところから物語りはスタートです。
arrival.jpg

arrival2.jpg

言語学者のルイーズは宇宙人の言語を解読するよう軍から依頼される訳ですが、正直「短期間で理解できるのか?」という疑問もない訳ではない(言語学者とは言え)
99d37a2ace9555a9.jpg

そしてファーストコンタクト(ルイーズとイアン以外)
35573644_0_rl.jpg
このファーストコンタクトの緊張感が半端ない

続きを読む


タグ:TV、映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「LOGAN/ローガン」観た [TV、映画]

生まれて初めて応募した試写会(笑)。

ビギナーズラックか?当選してしまって。しかも急な話だったので一人で行く破目に(^_^ゞ
その映画は…
logan.jpg
ローガン



あるすじは「近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。治癒能力を失いつつあるローガン(ヒュー・ジャックマン)に、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は最後のミッションを託す。その内容は、ミュータントが生き残るための唯一の希望となる少女、ローラ(ダフネ・キーン)を守り抜くことだった。武装組織の襲撃を避けながら、車で荒野を突き進むローガンたちだったが……。(シネマトゥデイより)」

もう全てが衝撃的

何と言っても年老いたローガンとチャールズ。
DF-13002-640x427.jpg

C2MidtuUQAEMu1x.jpg

時間軸がどうなっているかは分からないけど、ミュータントは全滅に近く、ウルヴァリンとチャールズは隠れて生活している。

018.jpg
そしてローラ捜索の為に送り込まれたドナルド

中盤までは謎の少女、ローラをノースダコタ州にある「エデン」まで送り届ける展開
ただローガンは「これは嘘っぱちだ」と突き放しますけど。
logan1.jpg
コミックが現実を元に描かれてるというのが、なかなかナイス。

続きを読む


タグ:TV、映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

実写版「ジョジョの奇妙な冒険」予告編でスタンドの実写映像が! [TV、映画]

実写版「ジョジョの奇妙な冒険」予告編でスタンドの実写映像が!!ということで見てみました…

が(^_^;)



スタンド何処さ

師匠は「これいかん!」と言ってたけど、観てしまえば良いとこもあるかもとか思っていたけど、何と言うかスタンド以前に予告編から残念感が漂っている。一瞬、承太郎って分からなかった時点でダメダメ感全開で。承太郎、何かただのオッサンっぽくて><

「ダメダメダメダメダメダメダメェ!!」DIO様のダメダメラッシュがでそうだ。

タグ:TV、映画
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」特報解禁ですね [TV、映画]

ようやく解禁ですね


「落ち着け。心を鎮めるのだ」

どんな話になるんだろ?

アメリカ版のポスタービジュアルもカッコいい
sw8.jpg

う~ん、12月が楽しみ。
でも前作が個人的にはガッカリ感が期待値を超えていたので、今回はお願いしますよ(ローグ・ワンが良かっただけに)。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日より公開
タグ:TV、映画
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

実写版「ジョジョの奇妙な冒険」東方仗助のキービジュアルが公開ですけど・・・ [TV、映画]

新年早々、実写版ジョジョ4部の仗助のビジュアルが公開。
jojo4.jpg

う~む(^_^;)

衣装は・・・このまま行くんだろうか?これ専用で本編は別にあ・・・る訳ないよなぁ。あんまり悪く見えないんだけどなぁ・・・まぁ仗助自身がワルじゃないんだけど、それでもこれはなぁ

でも、最低限ジョジョ立ちはして、この表情出せたら合格点だけどね(^_^;)
d363c77f.jpg

しかし新しいパンツを履いて迎えた元旦の朝にみるなんてなぁ(^_^;)
完全オリジナルな作品にしておけば良かったんじゃなかろうかと今さらながらに思う


タグ:TV、映画
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あぁ、レイア姫>< [TV、映画]

ねじが愛する映画「スター・ウォーズ」で「レイア姫」を演じたキャリー・フィッシャーさんが12月27日午前8時55分に死去。60歳。

ショック><

ロンドンからロサンゼルスに向かう飛行機内で心臓発作を起こし病院治療を受けていたって記事を数日前に読み、状態は安定していたって記事も見たのに・・・。

なんということだ。EpⅨまで続投して欲しかったのに。
来年末公開のEpⅧが遺作ということか。



年の瀬になんという切なくなるニュースだ><

Carrie Fisher.jpg
EpⅥのレイア姫は最高だった

フォースとともにあらんことを
タグ:TV、映画
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ブレードランナー 2049」予告編解禁 [TV、映画]

出た!

「ブレードランナー 2049」予告編解禁



俺は有能だった。お前よりもな」と銃を構えるリック・デッカード・・・カッコいい、物語の中心になるんだろうか。前作から30年後の話だけに、暴走した新型レプリカンに手が負えなくて、新人捜査官がデッカードの助力得て事件を解決する・・・みたいな感じにだけはならないで欲しいなぁと。

しかしタイトルの「ブレードランナー 2049」ってのがなぁ。
アサイラムのB級作品みたいだよなぁ(^_^;)
タグ:TV、映画
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」観た(ネタバレあり) [TV、映画]

師匠と初日に観てきました!

R1_9.jpg
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

あらすじは「帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが・・・(シネマトゥデイより)」

この重要ミッションを実行するメンツはこの方々
R1_1.jpg

SWはやっぱりEpⅣが原点で、シリーズ全体の中心というのを再認識してくれる作品でした。観終わった後、誰かに話したくなる、もう一度Ⅳを観たくなること請け合い。ねじも観終わった後、焼き鳥屋で師匠と語りましたよ(笑)。このローグワンはスピンオフというより、完全にⅣの前日譚(Ep3.9?)。ナンバリング作品として発表しても良かったぐらい(出来ませんけどね)の出来の良さ。EpⅦがあまり好きになれなかったので、ローグワンも大丈夫かと思っていたけど(撮り直しがあったとか聞いてたし)、杞憂でしたね。ファンにとってはたまらん作品になっています

開幕、例のルーカスフィルムのロゴのあと、SWの文字がバーンってくるかと思いきや、ローグワンと出て、長いテロップもなし。ちょっと違和感ありながら(笑)始まります(最後までSWの文字は出てこなかったように思う)。

科学者ゲイレン・アーソは、妻のライラ、娘のジンと惑星ラ・ムーで静かに(隠れて)暮らしていところに、帝国軍のオーソン・クレニック長官がゲイレンを連れ戻しにくるシーンからスタート。目的は開発が遅れているデス・スター計画を進めるため。当然ゲイレンは拒否するけど、ライラが殺されてしまい、ゲイレンは拉致されてしまう。ジンはシェルターに隠れていたところをソウ・ゲレラに救出されるんです。

数年後、ジンは惑星ウォバニの強制労働収容所に収容されていて、反乱軍救出、ヤヴィン4へと連行。
R1_6.jpg

反乱軍の情報将校キャシアン・アンドーが掴んだ帝国軍の「デス・スター計画」の存在を元老院に報告したいんですが、その情報の鍵を握るのが、ソウ・ゲレラ。しかしモン・モスマとの関係が良くない(彼女はCG?同じ人?)。要はジンにソウ・ゲレラの間を取り持ち情報を引き出す・・・ためなんですね。まぁ、そこにはゲイレン・アーソを探し出す(それ以外も)ことも含まれてますが・・・。

続きを読む


タグ:TV、映画
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - TV、映画 ブログトップ